ノートPCの電源ケーブルを短くして軽量化 収納も楽にする方法

ノートパソコンの電源ケーブルを短くして、軽量化を図るためのアイデアをお伝えします。

説明のポイント

  • 電源ケーブルのAC側が太いうえに重くてジャマなので、短くしたい
  • 500円程度で40gの軽量化に成功
スポンサーリンク

 

ノートパソコンの電源を軽量化したい

ノートPCを使っていても、長時間の打ち合わせや出張では、バッテリー切れの不安から電源アダプターを持ち運びすることもあるでしょう。

モバイル目的のノートPCは、軽量化がひとつのブームになっていますが、電源アダプターもセットにして軽量化を語っているものは、筆者はあまり見たことがありません。

Amazonを検索すると、DARTのように85gの超軽量をうたう電源アダプターもあるのですが、なんといっても高価なうえに、断線しやすいという評価が多いのも気になります。

高いものを買って紹介する記事も有用ですが、アイデア勝負でコスパのよい方法を探してみることにします。

電源ケーブルを軽くしてみる

筆者のノートパソコンは、富士通「LIFEBOOK WU2/C3」です。13.3型では世界最軽量の698gに魅力を感じ、購入しました。めちゃ軽くておすすめです。

さて、ノートパソコンが最軽量なら、その電源アダプターも最軽量かというと、そうは問屋が卸しません(笑)

電源アダプターとケーブルの重さを量ってみると……「209g」です。

この電源でも軽いほうでしょうけれど、実際のところ、筆者の持っている別のノートパソコン(ASUS製)の電源のほうが軽かったりします。

電源ケーブルをよく見てみると、AC側のケーブルが結構太くて重いというのが気になります。これをなんとかしたい。

で、これを軽量化するためのアイテムが、電源変換プラグです。

Amazonで500円ちょい程度なので、悩む値段ではありません。購入時は「メガネ2P」を選ぶように気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

購入してみると、本当にこれだけ。太いケーブルの先端だけ、という感じです。

装着してみました。アダプターから足が生えたみたいで、微妙に違和感がありますが問題なく使えます。

重さを量ってみると「168g」。先ほどの209gに比較して、41gのダイエットに成功しました。

41g軽くなったこともポイントですが、太いケーブルが不要になったことで、省スペースとなるのもポイントです。収納ケースにしまうのが楽になります。

ただし微妙なデメリットもあって、コンセントが空中に浮いているタイプだと、体操選手のような垂直ぶりで、不安定な感じもあります。

まあ、こうならないようにするために、さきほどの太いケーブルがあったわけで、これはやむをえないでしょう。

このアダプターは比較的軽量なので、短い期間であれば問題はないでしょう。

アダプターが重いタイプの場合は、コンセントやアダプターに負担がかかることから、短めのケーブルがついているタイプのほうがいいかもしれません。

まとめ

別売りのメガネ2Pプラグを利用して、電源ケーブルを短くすることで、ノートパソコンの軽量化を図ってみました。

この結果、約40gの軽量化に成功しました。

やはり純正の電源アダプターが使えるという安心感がありますので、500円程度で軽量化できるなら安いものです。

これ以外の方法としては、このノートパソコンではUSB3.1からの給電も可能です。

ただし、給電対応のUSBケーブルは意外に太くて重いのが気になっており、今の168gから見ると、思ったほどの軽量化にはならない可能性もありそうです。

もし試してみたらご紹介します。