ID・パスワード方式ならば、IE11以外のブラウザでもe-Tax送信が可能

2019年1月から始まった確定申告の「ID・パスワード方式」では、対応ブラウザがInternet Explorer11にとどまらず、他のブラウザも対応していることに気づいたので、そのメモです。

説明のポイント

  • ID・パスワード方式を利用すれば、「確定申告書等作成コーナー」はInternet Explorer以外のブラウザでもe-Taxで送信可能
スポンサーリンク

 

ID・パスワード方式とは

2019年1月から始まった、個人の確定申告における「ID・パスワード方式」。これは、国税庁の確定申告書等作成コーナーにおいて、ID(利用者識別番号)とパスワードだけで、e-Taxが利用できるようになるという新方式です。

税務署であらかじめ本人確認を受けてIDの発行を受けることで、そのIDが「本人確認済み」の扱いとなるので、e-Taxでの送信時に本人確認としてのマイナンバーカード認証が不要になります。

この制度が導入された理由は、マイナンバーカードが想定よりも普及していないこと(2018年12月現在で12%)や、マイナンバーカードの認証が難しいスマートフォンでも、e-Taxを利用させたいという思惑があるようです。

個人の確定申告では、書面提出が依然として多い事情は以前の記事で述べました。こちらの記事もあわせてご参照ください。

国税庁が確定申告の効率化の実績として用いている「ICT利用」について、疑問をのべておきます。 ...

なお、ID・パスワード方式が始まったといっても、従来の方式である「マイナンバーカード方式」も健在です。マイナンバーカードを使って申告時に本人確認する方法であり、従来どおりこちらが主流といえます。

 

スポンサーリンク

 

引用平成30年分確定申告特集(国税庁)

e-Tax対応ブラウザが増加している

さて、ここからが本題です。

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」において、Windowsでe-Taxを利用する場合のブラウザは、「Internet Explorer 11」(IE)を使うのが常識とされていました。

なぜかというと、e-Taxで送信する場合、電子証明書の認証においてActiveXを利用しており、これはIEでしか対応できないという制限があるためです。

この件に関連しての話ですが、2019年1月から始まった「ID・パスワード方式」の対応ブラウザを見ると、IEにとどまらず、他のブラウザである

  • Microsoft Edge
  • Firefox
  • Google Chrome

でも利用できる、とされていることに気づきました。

引用:平成30年分確定申告書等作成コーナーご利用ガイド(国税庁e-Tax)

「ブラウザ利用でのe-Taxは、IEを使う」というのがこれまでの常識でしたが、今後は微妙にその認識が変わりそうです。

念のために述べておくと、電子証明書を利用しない「確定申告書等作成コーナー」の書面提出では、どのブラウザでも対応しています。(書面提出はe-Taxではないことに留意)

まとめ

2019年1月から始まった「ID・パスワード方式」を利用すれば、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」においては、IE以外のブラウザでもe-Taxで送信可能という変更点をお伝えしました。

ID・パスワード方式では、マイナンバーカードが不要な点や、スマートフォンでも利用可能という点が注目されています。

その一方で、e-Taxでの対応ブラウザが増えたという点は、地味すぎるためかほとんど周知されていないので、当ブログでお伝えしたしだいです。

(IE11以降の電子証明書の認証を国税庁はどうするのか、という点が筆者は気になっているため、e-Taxとブラウザの関係も気になっているという事情が背景にあります)

余談ですが、Google Chromeのアプリで「IE Tab」という、IE機能(ActiveX)を別枠で利用できるアプリを試してみましたが、「確定申告書等作成コーナー」のe-Tax利用を選んでも、利用できませんでした。おとなしくIEを使うべきでしょう。