少し高くてもいいラーメンというニーズ 大宮「vege noodle セサミ」

大宮セサミ

赤羽の食レポ税理士・栗原です。少し高めの価格帯でありながら、お店の特徴を出していいものを提供している実例を見かけましたので、その記録です。個性と創意工夫を感じるいい店を採り上げています。

スポンサーリンク

大宮の個性的なラーメン店

久しぶりに大宮駅前に立ち寄ったところ、私のお気に入りのお店が区画整理で無くなっていました。失意の中で見つけたのが、ラーメン店「vege noodle セサミ」さんです。結構最近オープンしたみたいで、お店の内装もおしゃれです。

このお店の周辺には、チェーン系のラーメン店もあります。しかし、それにも負けずお客さんがお店に吸い込まれていくのを見て、私も思わずセサミさんに入店しました。

ラーメンは800円から

ラーメンの標準料金は800円から。大宮なのに結構強気の価格だな……と思いました。

カウンターに座って、私がまず注目したのは調味料です。個性的な店には、調味料にもこだわりがあると思っています。内堀醸造の酢は、酢の酸味がまろやかなのがいいです。

参考内堀醸造

vege02

頼んだのは一番ベーシックな鶏そばの塩味(税込800円)。食べてみると、これは確かに美味しいです。特徴として、具材に野菜が乗っているのが面白いですね。山芋が具材になっているラーメン店なんて、かなりめずらしいのでは。

 

スポンサーリンク

 

vege03

麺はしこしこで、塩味のスープが麺によく絡みます。チャーシューも脂身がしつこくなく、歯ごたえがあり、いい豚肉を使っているのがわかります。スープは、深いうまみを感じます。

調味油として提供されているエシャレットオイルを入れると、風味が別になるのも面白いです。なるほど、これなら800円でも納得のラーメンでしょう。

値段には理由がある

IMG_0910

お店の看板の説明によれば、使用している原材料にもこだわりがあるようです。製麺は店用に作られた、三河屋製麺のオリジナルとのこと。卵、鶏は産地指定。手間をかけて作っていることが説明されています。店側のこだわりが伝わってきました。

いいものをお客さんに提供するためには、原材料もいいものが必要。そのためには、値段を高めで提供することが必要です。いい商品を提供しても、店の独りよがりではいけないので、どうやってお客さんにその品質を理解してもらえるかがカギでしょう。

このお店では、「野菜」「洋風」というオリジナリティを出しつつ、センスのよい店作りを目指しているのが特徴的でした。お店の音楽は、雰囲気のいいジャズが流れており、彼女と一緒にお店に行ってもいい感じです。

紹介したお店

セサミ

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

フォローする