WordPress(ワードプレス)でスラッグに「-2」がついてしまう場合の解決方法

wordpress-1288020_1280

WordPress(ワードプレス)を利用していると、スラッグを変更しても「-2」がついてしまう場合があります。その問題の解決方法を説明します。

説明のポイント

  • phpMyAdminを使って、データベースを直接編集する。
スポンサーリンク

スラッグに「-2」がつくのを消すことができない

先日、WordPressの編集をしていたところ、記事のスラッグで変な動作をするものがあることに気づきました。その変なものとは、スラッグの名前を変更しようとしても「-2」が必ずついてしまうというものです。

wordpress-slug2-repair01

▲どうしてもスラッグに「-2」がついてしまう!

この不具合を解決したいと思って調べたところ、phpMyAdminからデータベースを編集して解決できることを教えてくれるサイトがありました。

参考ワードプレスで同じスラッグが使えない時の対処法( アフィリエイトツールで生活満足、2012年2月10日)

それ以外の解決方法として、ゴミ箱を完全削除する事例を紹介するサイトもありましたが、私の場合には当てはまりませんでした。

解決方法の手順

順を追って、解決方法を説明します。

まず、データベースを編集するためには、サーバーの「phpMyAdmin」(MySQL5.5)という機能を使います。phpMyAdminにログインするまでの流れは、利用しているサーバーの会社によって異なりますので、各自サーバーのヘルプを参照してください。

wordpress-slug2-repair09

▲まず、利用しているサーバーの設定画面で、phpMyAdminという設定を探します。(画面は、GMO系のValue-serverの場合)

wordpress-slug2-repair12s2

▲安全のため、作業前にデータベースのバックアップをとります。

 

スポンサーリンク

 

wordpress-slug2-repair11

▲phpMyAdminにログインします。

wordpress-slug2-repair03s

▲ログインしたphpMyAdminの画面から、「wp_posts」を探します。

wordpress-slug2-repair04

▲表示されたデータベースのうち、「post_name」に注目。「-2」がついているものを探します。

wordpress-slug2-repair05

▲ダブルクリックすると編集モードになります。

wordpress-slug2-repair07

▲編集が終了すると、次のような表示が出ます。編集した内容は即座に反映されます。

wordpress-slug2-repair06

▲データベースを編集して「-2」を削除しました。

wordpress-slug2-repair02

▲WordPressの編集画面に戻り、該当の記事のスラッグをもう一度確認すると、「-2」が消えていました。

なお、この解決方法を教えてくれたサイトでは、「-2」のついた記事を削除するように説明していました。しかし、私の場合は「-2」を編集して削るだけで解決しました。状況によって違いがあるかもしれません。

まとめ

WordPressの記事で、スラッグに「-2」がついてしまう場合の解決方法を説明しました。めったにないトラブルでしょうけれど、実際にあると困ってしまいます。

なお、データベースを直接編集するのは、気軽にはやらないほうがいいです。万が一の場合、自分でリカバリーできない人はやめた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

この記事が役立ちましたらシェアをお願いします

フォローする