存在感なさすぎ? スマホ版のe-Taxでできること

あまり知られていませんが、お手持ちのスマートフォンで、e-Tax(国税の電子申告)を操作することができます。

説明のポイント

  • スマホのe-Tax(SP版)では、納税証明書の交付請求、源泉所得税の納税ができる
スポンサーリンク

 

スマホでe-Tax? e-Taxソフト(SP版)とは

e-Taxの電子申告というと、パソコンで操作するイメージがほとんどです。スマホで操作できるといわれても、そういうイメージが乏しい印象でしょう。

この記事では、国税庁が提供している「e-Taxソフト(SP版)」について紹介します。どんなことができるのか、知っておきましょう。

e-TaxソフトSP版トップページ

SP版では、こんなことができる

e-Taxソフト(SP版)」のSPは、スマートフォン(SmartPhone)の略称です。この記事では、SP版と呼ぶことにします。

このSP版は、平成26年(2014年)から提供されています。比較的最近のことです。

SP版では、どんなことができるのでしょうか? 以下にまとめました。

  • 利用者情報の登録・確認・変更(法人の場合は「確認」だけ)
  • 納付情報登録依頼(申告データを税務署に伝えて、ネットバンキングでの納税を要請する)
  • 納税証明書の交付請求
  • 徴収高計算書による納税(事業主がする源泉所得税の納付)
  • メッセージボックスの確認
  • 還付金処理状況の確認

これらを簡単にわかりやすくまとめると、具体的な税の申告は一切できません。

利便性の感じられる手続きとしては、源泉所得税の納付手続きぐらいでしょう。

対応OS・ログインするまでの手順

対応OSは、iOSとAndroidに両対応です。

利用を開始するまでには、次の対応が必要です。

  1. スマートフォンに、「ルート証明書」をインストールする
  2. 利用者識別番号(ID)を取得する

ルート証明書のインストールは、すぐに完了できます。トップページから、その手順を参照してください。

e-TaxソフトSP版のルート証明書インストール

利用者識別番号(ID)を持っていない場合は、事前の登録が必要です。利用者識別番号は、スマホからでも取得できるようです(未確認)。

将来的には、マイナポータルを経由してログインすることで、利用者識別番号(ID)が不要になる予定です。

利用するメリットは?

SP版のメリットを挙げてみましょう。

1.簡単・安く、納税証明書を取得できる

e-Taxで納税証明書の交付請求を行う場合は、税務署の窓口で申請するよりも、次のメリットがあります。

 

スポンサーリンク

 

手数料については、窓口で請求すると「1税目1年度1枚あたりで400円」ですが、e-Tax経由だと、370円になります。

あまりe-Taxを利用しない人でも、SP版なら敷居は低いでしょう。将来的に利用者識別番号の取得が不要になれば、敷居はもっと下がるはずです。

e-TaxソフトSP版の納税証明書請求画面

2.スマホで手軽に源泉税の納税

いまのところの最大の活用方法は、源泉所得税の納税でしょう。パソコンがなくても、申告から納税ができるのは魅力的です。

SP版で源泉税の内容を送信したあと、そのままネットバンキングに移行するか、クレジットカードの入力画面に移行して、そのまま納税できます。

実際にやるかどうかは別として、「できる」ということは重要です。

e-TaxソフトSP版の源泉税納付画面

なんで税の申告がスマホからできないの?

よくありそうな質問ですが、「なんでスマホを使って税の申告ができないのか」ということが想定されます。

その理由ですが、SP版では電子署名(本人確認)の機能がないためと考えられます。

電子署名は、「なりすまし」を防ぐために必要なものです。ネット上の本人確認の役目を果たすのが、電子証明書を用いた電子署名です。

本人確認ができないので、税の申告のように影響の大きい処理は、現状では対応できないものと考えられます。

確定申告書等作成コーナー」でも、個人の確定申告書をスマホで作成することはできますが、最終的には印刷・郵送で対応します。

将来的にどうなるか?

いまのところ、国税庁からは、SP版の機能拡張についての情報はありません。

先ほども述べたとおり、スマホでは電子署名ができないこともあり、申告などの複雑な手続きは現在のところできません。

将来的には、

  • マイナンバーカードをスマートフォンで読み取り
  • 電子証明書をスマホにダウンロード

などの方法で、スマホからも電子署名ができるようになると期待されます。そうすれば、SP版の機能拡張も今後期待できるのではないかと考えます。

少なくとも、所得税の確定申告書は、スマホでも申告・納税できることが理想的でしょう。

すべてのデータをいちいち確定申告書に手入力させることを防ぐため、まずはマイナポータルに源泉徴収票などの基礎資料を蓄積し、そのまま数字を転送できる機能も望まれます。

まとめ

スマホ版(SP版)のe-Taxで、何ができるのかを確認しました。

会社の実務としては、パソコンを利用することがほとんど考えられます。スマホの利便性が求められるのは、個人向けの分野でしょう。

今後は、電子証明書をスマホにダウンロードできるしくみも見込まれているようですので、確定申告書等作成コーナーや、SP版の機能アップが期待されます。

参考スマホでマイナンバー活用 政府、「公的個人認証法」改正へ(SankeiBiz、2017年10月2日)

このページの掲載画像は、国税庁の「【PDF】e-Taxソフト(SP版)操作マニュアル」より引用しました。