30万部のベストセラー『東京五つ星の手みやげ』は一読すべきバイブル

「おいしゅうございます」というコメントで有名な料理記者、岸朝子さんが選定した手みやげガイドブック『東京五つ星の手みやげ』を紹介します。

説明のポイント

  • 料理記者・岸朝子さんが選定した、東京の手みやげガイドブックの決定版
  • 東京の老舗の和菓子・洋菓子を基礎知識として把握できる
スポンサーリンク

 

『東京五つ星の手みやげ』とは?

東京五つ星の手みやげ

手みやげガイドブック『東京五つ星の手みやげ』は、11年前の2004年に出版されました。

東京における老舗の洋菓子・和菓子などの名品で、手みやげとして喜ばれる品を網羅しています。

このガイドブックの編者である岸朝子さんは、テレビなどでもおなじみの有名人です。念のためプロフィールをご紹介します。

岸朝子(きし あさこ)

1923年東京生まれ。 女子栄養学園(現女子栄養大学)卒業。55年に主婦の友社に入社。その後、女子栄養大学出版部に移り、『栄養と料理』編集長を務める。79年、株式会社エディターズを設立。料理、栄養など食に関する書籍や雑誌を多数編集する。 93年より、フジテレビ系『料理の鉄人』に審査委員として出演。食後のひと言“おいしゅうございます”が話題となる。

東京書籍HPより

『東京五つ星の手みやげ』を読んで感じること

筆者がこの『東京五つ星の手みやげ』をおすすめするのは、新しい知識の世界が広がるからです。この本を読めば、手みやげへの関心が高まることは確実です。

例えば、和菓子の元祖は「中国から渡来した僧侶が始めた、肉を詰めないおまんじゅう」であることがわかります。

参考塩瀬饅頭の由来(塩瀬総本家)

本をめくっていくと、都内に多数ある老舗が作っている、和菓子や洋菓子の多彩さに感銘を受けること確実です。また、東京の和菓子とはいっても、その本流は上方からやってきたものであることがうかがえます。

有名な店がのれん分けをしていて、似ている名前の店がいくつか見られる(例:豆大福の「岡埜栄泉」)のも興味深いです。

名店の手みやげとは知らずに、単にいただきものを「おいしいなー」とだけ、感じていたものにも気づきました(半蔵門近くの「一元屋」のきんつばなど)。

この書籍には、「会社に、自宅に、必備の一冊」という宣伝文句がついています。堅めのビジネスに関わる人や、地方出身の方は、東京の基礎知識として読んだ方がいい一冊でしょうね。

本を買うにあたって

『東京五つ星の手みやげ』は、書籍としてだけでなく、現在では電子書籍も販売されているようです。本は分厚いため、電子書籍の方が持ち運びに便利でしょう。

注意点ですが、この書籍は2004年出版のため、すでに閉店や移転している店舗もあります。(ホテル西洋銀座、万惣、ルコント、デメル原宿本店など)

また、この書籍の兄弟版として、『全国五つ星の手みやげ』という、全国の手みやげを網羅した恐ろしい書籍も存在します。

 

スポンサーリンク

 

旧版のページ数は814ページという大著です(※最近、新訂版が出版されています)。

全国版は、国内旅行好きの人に必携でしょう。このガイドブックをもとに、日本各地の名店の味を訪ねるというのも楽しいですね。

筆者のおすすめ

せっかくですので、筆者のおすすめする手みやげも紹介しておきます。

「定番ですね?」といわれそうですが、この2品を挙げます。もし明日死ぬことがわかっているなら、今日食べたい一品です(大げさ?)。

どちらも日持ちがしないのが弱点ですので、親しい人に持って行く選択でしょう。

「うさぎや」(上野)のどらやき

やっぱり、どらやきですよ。店頭で暖かいうちに食べるのもおすすめです。日持ちがする最中(もなか)もいいですよ。

サイトうさぎや

うさぎやのどらやき

ただ、最近はライトに食べられる東十条の草月の「黒松」を推す声も、筆者の中で高まりつつあります。

「長命寺桜もち」(向島)の桜もち

桜もちもいいですよね。百貨店でも入手できますが、時間が経つと固くなってしまうのが残念。やはり向島で食べたいところ。

塩漬けされた桜の葉っぱの味わいは、他の和菓子とは違った、何ともいえない風味を誇ります。これぞ、和菓子の魅力ですよ! 外国人に日本を代表する和菓子をすすめるなら、これじゃないですかね?

サイト長命寺桜もち

長命寺の桜もち

まとめと追悼の意

書籍『東京五つ星の手みやげ』で選者を務められた岸朝子さんは、2015年9月22日に91歳で亡くなられました。

こうしたガイドブックを編著された方が世を去られることは、座標軸を失うような喪失感を覚えます。

追悼の意として、岸さんの著書『このまま100歳までおいしゅうございます』より、健康人生の十カ条を引用します。

これは、岸さんが「食と仕事」に言及された十カ条です。日本の食文化に大きく貢献された方からの「金言」として、大変興味深いものがあります。

1.食を命と思うべし
2.食を愉しむべし
3.栄養のバランスと適量を知るべし
4.よい伝統は重んじるべし
5.酒を愉しむべし
6.働けるまで働くべし
7.好奇心を持ち続けるべし
8.家族を大事にすべし
9.人との縁を大事にすべし
10.嫌なことは夜考えず、太陽の下で考えるべし

クラウド会計と税務の情報をお届けする東京都北区赤羽の税理士。好きな食べ物は、さば缶。
ブログのはみだし情報と、つぶやきはtwitterにて。1日平均2~3ツイート、フォロー返しはしていませんのでお気軽に。更新情報だけを受け取る場合は、RSSでチェックを。