税務用書籍アプリ「税務インデックス」の使用感

スマートフォンを操作する

会計業界向けのハンドブックをiOSアプリ化した「税務インデックス」の使用感をレビューします。

説明のポイント

  • 「税務ハンドブック」にはiOS(iPhone、iPad)用のアプリがある。
  • 画面が広くないと見づらいため、iPadが必須。
  • 全文検索できるのが強み。
スポンサーリンク

よく使われる業界向けハンドブック

会計業界に勤務する人は、ある程度の税法(税金の法律)の知識を身につけています。しかし、人間はコンピューターではありませんので、税法の内容を完璧に覚えていることは不可能です。このため、税法をコンパクトにまとめたハンドブックを持っている方も多いでしょう。

会計業界でスタンダードと思われるハンドブックは、『税務ハンドブック』という書籍です。

これに対して、近年リリースされたのが『税務インデックス』というハンドブックです。編集しているのは都内の大手税理士法人です。

『税務インデックス』は後発の利点を生かし、従来の『税務ハンドブック』の不満点を改善する作りを目指しているようです。価格が少し安めで、見やすい2色刷です。『税務ハンドブック』のシェアを奪おうという試みを感じます。

 

スポンサーリンク

 

iOS向けアプリ

税務インデックス平成28年度版

『税務インデックス』の大きな特徴としては、書籍のほかに、iOS用アプリが提供されていることです。

ハンドブックを持ち歩きたくない方は、これまでは自炊(書籍を自分でスキャンしてデータ化すること)して、PCやスマートフォンに入れていたようです。しかし、アプリが提供されれば、自炊は不要になります。

アプリのレビュー(平成27年版)

平成27年度版のiOSアプリは1,200円なので、書籍の1,600円と比較して400円安いです。(※平成28年度版も仕様に変化なし)

アプリで提供される機能としては、

  • マーカー
  • お気に入りページの登録(付箋)
  • 文章検索
  • 閲覧履歴
  • メモ機能

といったものがあります。

メリット

 文章検索は大きな強みでしょう。例えば、「寄附金」について調べる際に、書籍では必死でページをめくって該当事項を探しますが、文章検索ならスムーズです。

IMG_1008

▲「寄附金」で検索した画面

デメリット

iPhoneで使うには、とにかく画面が小さいです。書籍として閲覧するならiPadが必須だと感じました。これは、アプリの問題というよりも、使用環境の問題でしょうね。

IMG_1017

▲iPhoneでは画面拡大しないと文字が読めない

また、マーカー機能やメモ機能もありますが、翌年度版にそのメモを引き継ぐことはできないであろう、という点も悩みです。どうしても翌年に繰り越したいメモは、別の文章管理アプリで記録しておく必要がありそうです。

全文検索も、検索後の表示画面が少し見づらい印象です。検索後、スムーズに該当箇所にたどり着きやすい流れを考慮して欲しいところです。

まとめ

会計業界向けのハンドブック『税務インデックス』のアプリについてレビューしました。

画面が小さい場合は文字が読みづらい点や、今年度のメモやマーカーの部分が来年に引き継げない点は気になるものの、自炊が不要になった利点を考えれば、使用する価値はあるでしょう。

▲28年度版はApp Storeで購入できます。

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

フォローする