吉川英治の小説も読める 青空文庫の読書アプリで「伝える力」を養う

草原で読書

本好きでも意外と利用していない「青空文庫」を採り上げます。昔の名作が無料で読めます。スマホのアプリを使えば、難しい言葉も辞書検索で楽に調べられます。

説明のポイント

  • 著作権切れの名作を公開している「青空文庫」を紹介
  • スマホアプリで読むのが断然おすすめ
  • 伝える力を養うのにも最適
スポンサーリンク

青空文庫とは?

青空文庫のサイト画面

「青空文庫」は、著作権の切れた過去の小説などをネットで公開している、無料のサイトです。しかし、本好きの人でも、意外に「青空文庫」をご存じない方や、知っているが積極的には使ってない人がいるようです。

「青空文庫」はインターネット黎明期から存在しており、1997年7月から開始されたとのことです。著作権の切れた名作をネットにアップロードしているのは、ボランティアの方々です。

しかし、こんな記事を書いていて何ですが、私はこれまで「青空文庫」を積極的に使っていませんでした。なぜなら、「青空文庫」はパソコンだと読みづらいからです。

ところが、スマホアプリで読んでみると、とても読みやすいことに気づきました。

スマートフォンのアプリなら読みやすい

ためしに作品を見てみましょう。パソコンだと、かなり読みづらいです。

参考

菊池寛「恩讐の彼方に」

しかし、スマートフォンのアプリを使ってみると、手のひらサイズの大きさで、書籍と同じような感覚です。

アプリ表示の「恩讐の彼方に」

アプリ表示の「恩讐の彼方に」

スマホの利点は、読みやすさ以外にも、辞書検索を手早くできることです。昔の文学を読むと、見慣れない単語が多くあるので、辞書検索は必須です。

おすすめの読書アプリ

i読書青空文庫リーダー

青空文庫用のアプリは、何種類か提供されています。これまでにいくつか読書アプリを使ってきましたが、現在のおすすめは「i読書 – 青空文庫リーダー」です。(iOS用)

 

スポンサーリンク

 

このアプリの評価ポイントを挙げます。

  • 「作品名順」と「作者名順」から、それぞれ作品を探すことができる。
  • 最初から無料で使える。広告表示はあるが、読書中は広告表示されないのが良心的。
  • 広告を外したい場合も120円で格安。
  • 分からない単語を内蔵辞書で検索できる(古典や文学には必須)
  • 文字の大きさ、行間、余白、背景色など細かい設定ができる

おすすめのポイントは、無料で使い始められるところでしょう。アプリが気に入ったら、お礼の意味も込めて、120円を払って広告を外せばよいと思います。

どんな作品がおすすめか

吉川英治の名作が読めるのがいいですね。例えば、「三国志」「宮本武蔵」は、漫画や歴史ドラマの原作としてよく使われる不朽の名作です。著作権切れで2013年1月から、青空文庫で読めるようになりました。

参考

私個人としてお気に入りの一作品あげるなら、芥川龍之介の「トロッコ」がおすすめです。子供のころに読んだときとは違った感覚を抱くはずです。

参考

伝える力の向上にもおすすめ

著名なジャーナリストの池上彰氏は、その著書『伝える力』で、「伝える力」を向上させるために小説を読むことを推奨しています。

その理由は、相手にイメージを喚起させ、膨らませる手法を学ぶには、小説を読むことが最適であるためです。

青空文庫に所蔵されている名作を読むことで、教養を深められるし、自分の能力も向上するなら一石二鳥でしょう。多くの人に読み継がれる名作を、あまり肩ひじ張らずに読めるのが「青空文庫」の良いところです。

スポンサーリンク

この記事が役立ちましたらシェアをお願いします

フォローする