その朝礼に意味はある?30人参加の朝礼20分は、1人が働く10時間と同じ

砂時計

慣習で行われている「朝礼」に意味はあるのかを再考します。

スポンサーリンク

「朝礼」とは

「朝礼」とは、朝の始業時に、職員どうしが集まって挨拶する行事です。一般的には、職場の上司が、その日に注意するべきことを述べることが一般的です。

こんな朝礼に意味はない

朝礼は、貴重な労働時間を使っているのだから、仕事に役立つ行事であるのが普通でしょう。しかし、朝礼のなかには意味があるのかわからないものも見受けられるようです。

例えば、「社長の世間話で1時間以上の朝礼を行い、社員は起立したままで、貧血の社員が倒れてしまった」……これでは、なんのための朝礼かわかりません。

朝礼は会議とは違い、上司が一方的に話すため、その上司が話し好きならば延々と朝礼は続いてしまいます。上司は伝えたいことを明確にして、意味のあるメッセージを発するように心がけましょう。

30人が参加した朝礼20分の消費時間

労働時間は、労働力をもとに成果を生み出すための貴重なものです。時間は目に見えませんが、「時は金なり」です。朝礼を行えば、その分だけ社員が自分の仕事をする時間を減らしてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

朝礼の価値がわかる計算式

朝礼にどれだけの時間を使っているのか、考え直してみましょう。その「朝礼計算式」は次の通りです。

 「朝礼の時間(分)×参加人数÷60」

もし朝礼に20分を使っており、30人が参加した場合には、

20分×30人=600分

600分÷60=10時間

つまり、その職場で1人が10時間働いたのと同じ労働時間が、朝礼で費やされたことになります。

長々と朝礼をしながら、「人手が足りなくて困っている」という話があるとしたら、冗談にしか聞こえません。朝礼は、その効果に見合う価値があるのかを計測して、意味を再考しましょう。

まとめ

朝礼は、直接伝達することで意味のあることに限定して行いましょう。

例えば、「社員の士気を向上させること」や、「注意を喚起して事故を減らすこと」などです。しかし、これらの内容も同じことを繰り返して、マンネリになってしまっては意味はありません。

とくに中小企業は、社長の思いが社員に対して一方通行になりがちですので注意しましょう。

スポンサーリンク

この記事が役立ちましたらシェアをお願いします

フォローする