シングルマザーの確定申告。税理士が教える注意点は?

確定申告書を手書きで記入

シングルマザー向けの確定申告のポイントを集めました。特に「寡婦控除」の適用忘れが多く見られます。戻ってくる税金(所得税)が減り、住民税もアップしますので、必ず適用しましょう。

スポンサーリンク

5つの注意点

1.扶養控除を適用しているか

お子さんが16歳以上(昨年12月31日時点で)であれば、扶養控除(ふようこうじょ)が使えます。こども1人あたり38万円です。ただし、お子さんのバイト代が年間103万円を超えると使えません。

なお、こどもの年齢が19歳~22歳の場合、控除額が63万円にアップします。

扶養控除の記入

2.寡婦控除を適用しているか

「寡婦」(かふ)とは、以前は結婚していたが今は独身という意味です。離婚、死別を経たシングルマザーの場合には、「寡婦控除」が使えます。

寡婦控除は通常27万円の所得控除ですが、子育て中のシングルマザーで合計所得が500万円以下の場合は「35万円」の控除にアップします。(※所得の意味は次で説明)

注意点として、未婚のままシングルマザーになった方は、「寡婦控除」を使うことができません。

寡婦控除の記入

注意!よくある勘違い

「所得」は「年収」とは似ているようで意味が違います。年収から、経費を差し引いた分が「所得」です。ただし、会社に勤めている人は、領収書を集めて「経費」を差し引くことは通常できません。このため、国が決めた「みなし経費」(給与所得控除)を差し引いたものを「給与所得」といいます。

あまり深く考えなくてもいいですが、年収688万円なら所得は500万円という計算です。688万円より低い年収なら、寡婦控除が「35万円」になると考えればOKです。

また、寡婦控除では、お子さんの年齢は関係ありません。16歳未満の子がいる場合でも使えます。先に書いた「1.扶養控除」では16歳以上が要件でした。ややこしいので、間違えないように注意しましょう。

参考No.1170 寡婦控除|所得税|国税庁

3.基礎控除も記入する

だれでも使える基礎控除を必ず記入しましょう。紙の申告書に記入している場合、忘れやすいです。

基礎控除の記入

4.給与以外の収入がある場合も申告する

働き方によっては、収入が「給与」ではなく、「報酬」として支払われている収入もあります。「私はどっちなの?」という場合の見分け方ですが、次のような場合は「報酬」になっていると思います。

 

スポンサーリンク

 

  • 会社と雇用契約(毎月どれだけ働くかを約束すること)を交わしていない
  • 下記のような「支払調書」というものを渡された

報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書

確定申告する場合、この収入は「雑所得」として確定申告に含めます。(もし事業として専門でやっている場合は、「雑所得」ではなく「事業所得」になる場合もあります)

具体例を示します。取材費として5,000円使って、原稿料15万円を得た仕事がある場合の記入例です。源泉徴収は、仕事先から振り込まれてきたときにあらかじめ差し引かれている税金です。

また、自分の事業だけで生活している場合は、「雑所得」ではなく「事業所得」の区分になります。

第一表

雑所得の記入方法

第二表

雑所得の記入方法

5.16歳未満のこどもを記入しているか

書面に記入したときに忘れがちなのが、この「住民税」の欄です。16歳未満のこどもがいることを自治体に知らせる欄ですので、記入しましょう。

この記入欄は、「第二表」の左下にあります。

確定申告書の住民税に関する事項

6.申告書を提出したら、「控え」はとっておく

申告書を郵送する場合、「控え」は手もとに保管しましょう。自分が提出した申告書の内容を、あとで確認するときに必要です。申告に間違いがあったと気づいた場合、「控え」がないと修正が難しくなります。

確定申告は絶対必要なの?

納税がある場合は確定申告が必要です。しかし、税金が戻ってくる場合の確定申告は「還付申告」と呼んでおり、3月15日までに手続きする必要はありません。

ただし、申告をする・しないによって、他の税金(住民税)などに影響が生じます。申告をしないと、場合によっては、必要より多めの住民税を払うこともあります。早めに申告しておく方が、あとあと面倒も少なくていいでしょう。

よく分からない場合は、3月15日までに確定申告をすればOKです。

おわりに

ここまで、シングルマザー向けの確定申告の注意点を述べました。

確定申告書は税務署に行けば作成できます。しかし、確定申告の時期の税務署は混雑しているでしょう。あらかじめ自分で申告書をつくってから、相談に行くことをおすすめします。パソコンから作成するには、こちらの「確定申告書等作成コーナー」をご利用ください。

スポンサーリンク

この記事が役立ちましたらシェアをお願いします

フォローする