所得税の確定申告における振替納税をやめる方法

所得税・消費税の確定申告における「振替納税」をやめる方法を聞かれたので、記録に残しておきます。

説明のポイント

  • 余白に「取りやめ」と赤い字で記入した振替納税の用紙を提出する
スポンサーリンク

 

振替納税をやめたいという話

2017年(平成29年)1月より始まったクレジットカード払いによる納税。

この納税方法に切り替えたいというニーズもあるようで、所得税・消費税の確定申告における「振替納税」をやめる方法を聞かれました。

クレジットカード納税についての当ブログ参考記事

国税のクレジットカード納付がスタート その詳細とは?
平成29年1月から可能になる、国税のクレジットカード納付について紹介します。 ...

振替納税の取りやめ方法

振替納税の取りやめ方を紹介します。

まず、口座振替依頼書の上の方の余白の部分に、「取りやめ」という文言を書きます。このとき、よくわかるように「赤いペン」で書くようにしましょう。

次に、依頼書に次の情報を記入します。これらは黒いペンの記入でOKです。

  • 住所と氏名
  • 取りやめる税目に○をつける
  • 押印(認印でOK)

この取りやめの申請を、申告期限までに税務署に提出します。これで振替納税は適用されませんので、申告期限までに自分で納税することを忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

書き方のサンプルも載せておきます。

余白に、赤い字で「取りやめ」と書くのがポイントです。これがないと、意味のわからない申請になってしまいます。

振替納税のやめ方

振替納税の手続きの用紙は、国税庁のサイトからダウンロードできます。

参考[手続名]申告所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税(個人事業者)の振替納税手続(国税庁)

大阪国税局の管内なら

大阪国税局の管内(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)の方の場合、専用の取りやめの申請用紙が用意されています。

なお、この申請用紙には、納税者側でも「金融機関に対しても振替納税を取りやめる旨を連絡してください」と書かれています。

参考振替納税の取りやめ申出書(大阪国税局)

大阪国税局の独自様式のため、他の国税局の管内では使用しない方がいいでしょう。

確定申告だけでなく、予定納税からでもやめられる

確定申告の納付だけでなく、所得税の予定納税や、消費税の中間申告分からでも、振替納税をやめることができます。

納付日の近くでは、手続きが間に合わない可能性もあるため、できるだけ早めに取りやめの申請を行いましょう。振替納税の納期限については、国税庁の情報を参照してください。

参考[手続名]国税の納付手続(納期限・振替日・納付方法)(国税庁)

まとめ

振替納税のやめ方を紹介しました。

振替納税の申請書の書き方を教える機会は多いのですが、振替納税のやめ方を聞かれたのは相当に久しぶりでした。

昔に所属した事務所で習った知識を書いた次第です。