小規模企業白書の読みどころをピックアップ! 意外な調査結果もありますよ

企業の成長を観察するイメージ

中小企業庁がとりまとめた「中小企業白書」と「小規模企業白書」が、2016年4月22日に閣議決定されました。公表されている「小規模企業白書」から、気になったグラフを紹介しています。

説明のポイント

  • 中小企業庁のとりまとめた「小規模企業白書」を紹介している
  • 政府統計やアンケート調査から、小規模企業の現状分析が行われている
  • ITの活用や記帳、棚卸しと売上・粗利の相関関係など、興味深い分析も
スポンサーリンク

「小規模企業白書」とは?

白書では、中小企業のうち、従業員数が20人以下(商業・サービス業の場合は5人以下)の事業者を「小規模企業」と定義しています。全国に325万の小規模企業があるとされ、中小企業のうちに占める割合は85%とのことです。

この小規模企業の実態を明らかにするために、政府統計やアンケート調査などの結果から、現状分析を行ったのが「小規模企業白書」です。2016年は2回目の白書になります。

参考中小企業庁:小規模企業白書

白書を全部読むと大変ですが、まとめとして「概要」(PDF)が公表されていますので、これを読めば一通りをつかむことができます。なお、小規模企業白書の本家として、「中小企業白書」もあります。

私が気になったグラフの紹介

私が気になったグラフを、白書の中から10個程度、採り上げてみます。フリーランスについてのアンケート調査もあって、なかなか読み応えがありました。

1.小規模事業者は減少しつつも、売上高の総額は変化なし

小規模事業者数の変化の要因(2012年-2014年)

▲小規模事業者の総数は減少しているが、開業・廃業がそれぞれあって、適度な新陳代謝が行われている。

小規模事業者数の業種別増減(2012年-2014年)

▲業種としては、小売、製造、建設業の減少が顕著。高齢化が理由。

中小企業の売上高の増減(2012年-2014年)

▲事業者数が減っているが、売上高の総額が減っているわけではない。1事業者あたりの売上高は増加している。

2.ITの活用

小規模事業者の情報管理面におけるIT活用率

▲Word、Excelなどの事務処理ソフトを使用していない業者が4割弱。「経理ソフト」を使っていない事業者は、紙の帳簿なのか、税理士に丸投げなのかは不明です。

小規模事業者の「ブログ、SNS」の更新頻度と売上高の傾向

 

スポンサーリンク

 

▲宣伝媒体としてブログやSNSを活用している企業は、売上高の増加傾向が高い。

小規模事業者のインターネットでの受注比率

▲ネットからの受注比率は、大きな割合を占めていない。受注比率が高いほうが、売上高は増加傾向。

3.記帳、棚卸しと粗利の相関関係

小規模事業者の自社取引にかかる記帳頻度と粗利の傾向

▲記帳の頻度と粗利には明確な相関関係は見られない、という結果。

小規模事業者の自社の決算・棚卸の頻度と粗利の傾向

▲棚卸しの頻度と粗利には、相関関係が見られる。頻度が高いほど、粗利が増加傾向。

4.経営計画の有無、人材育成への取り組みと売上高の相関関係

小規模事業者の経営計画の作成の有無と売上高の傾向

▲経営計画を作成したことがある事業者のほうが、売上高が増加傾向にある。

小規模事業者の人材育成の取組の有無による売上高の傾向

▲人材育成への取り組みを行っている事業者の方が、売上高が増加傾向にある。

5.事業承継

親族以外への事業承継に対する抵抗感

▲親族外への事業承継の抵抗感は、ある・ないが半数ずつ。また、国の支援する「事業引継ぎ支援センター」を知っているかの問いには、77%が知らないと回答。

6.フリーランスとしての働き方

フリーランスとしての1週間の平均労働時間

▲フリーランスでも、週40時間を超える平均労働時間になる場合も多くある。

フリーランスという働き方についての満足度

▲フリーランスは、収入や社会的評価の面で不満はあるものの、やりがいや自由度の面で満足度が見られる。

まとめ

今年度の「小規模企業白書」から、気になったグラフを採り上げました。ITの活用、棚卸しの頻度と売上・粗利との分析など、興味深い調査が含まれていました。

各人それぞれ、興味のある分野は違うと思います。白書は無料で読めますので、この手のデータ分析が好きな方におすすめです。時間がない方は、概要(PDF)だけでも目を通しておけばいいでしょう。

スポンサーリンク

この記事が役立ちましたらシェアをお願いします

フォローする