iPhone向け電卓アプリを税理士が厳選!本当に使えるのはこれだ

電卓

多数ある電卓アプリを厳選して、「本当に使えるもの」、つまり経理などの実務でも使えるものを紹介します。2016年に入ってから、新しい高機能な電卓アプリもリリースされていますので、要チェックです。

説明のポイント

  • 実務向けなら「AppCalc」か「実務電卓C」がおすすめ
  • 無料で広告表示なしのもので選ぶなら「う電卓」
スポンサーリンク

 電卓アプリは補助電卓として使える

経理部門や会計事務所に勤務する人なら、電卓にこだわりのある人も多いでしょう。現在ではパソコンへの入力やExcelを活用する機会が増えており、実は電卓よりもテンキーのほうが重要性が高いという話もあります。

スマートフォンに性能のよい電卓アプリがあれば、普段使いの電卓に加えて、スマートフォンを補助電卓として活用することができます。

私がちょっと気になっていたのは、今年(2016年)に入ってから、iOSの経理向け電卓アプリが充実してきているということです。そこで今回は、iOS向けの電卓アプリを厳選して紹介します。

記事を書いた人のスペック

  • 36歳税理士。
  • 利き手は右手で、電卓を打つのも右手。
  • 電卓の入力スピードは、一般の方より少し速い程度。
  • My電卓はシャープの経理向け電卓「COMPET CS-S932」。

 アプリに求める最低条件

iTuneストアにて、アプリを「電卓」で検索すると、山のように電卓アプリが引っかかります。iOSにも標準の電卓アプリがインストールされています。

しかし、プロが求める性能は、少し条件が高めです。今回、アプリを調べるにあたって、最低条件とした項目は次のとおりです。

  • アプリのインストール時は無料であること(有料だと使用感がわからないので除外)
  • 入力桁数の上限が12桁以上であること
  • メモリー機能(M+/M-/RM/CM(またはMRC)のボタン)があること
  • バックスペース(1文字戻って削除)ができること

この条件をもとに検索した結果ですが、桁数が12桁に満たないアプリがほとんどでした。ご家庭の家計簿に使う場合は問題ないですが、多額の数字を扱う場合は不安が残ります。

また、メモリー機能を持たない電卓アプリも多いです。これは実務ではなくても備えて欲しい機能でしょう。

電卓アプリは山のようにありますが、この最低条件によって、そのほとんどがふるい落とされてしまいました。最低条件を満たしたアプリは次のとおりです。

Tiny App 電卓

Tiny App 電卓は、2016年6月にリリースされました。細かい設定項目などはなく、シンプルなアプリです。

TinyApp電卓の紹介

TinyApp電卓の使用画面

画像でも見てわかるとおり、シンプルな感じのアプリです。

普通の電卓に近い、5列のボタン配置です。ただし、iPhoneだとボタンが小さく感じます。レイアウトとして、広告枠が上部に大きいのが気になります。

また、入力時の効果音を消せないのは、仕事で使うには少し気になります。消費税の計算ができないことや、定数計算(計算が終わった後に、先ほどの計算に使用した1つの数字を固定化して、次の計算で利用する方法)ができないのも、使う人によっては不満の残るところでしょう。

さらに高性能な条件で探しました

実際の経理仕様の電卓は、もっと高機能を備えています。その機能と同等なレベルの電卓アプリを探しました。

前述の最低条件の上に、さらに求める条件は次のとおりです。

  • 数字に「00」があること
  • GT(グランドトータル機能)があること
  • 小数点の桁数設定ができること
  • 端数の四捨五入・切り上げ・切り捨ての設定ができること

私が探した範囲では、次の4つのアプリがこの高い条件を満たしました。

AddCalc

AddCalcは、経理用電卓アプリとしては古株です。サブ電卓としての使用者も多いのではないかと思います。

AddCalc無料版

AddCalcの使用画面

AddCalcは、ボタンの配置が4列です。メモリー機能は下に配置されています。特徴は、加算器方式(+と=ボタンがひとつになっているもの)と一般方式の計算の切り替えが可能なことです。この機能を備えているのは、このアプリが唯一です。

 

スポンサーリンク

 

その他の特徴は、計算の読み上げ機能をもっています。計算結果のログをコピー、出力できるのも、この記事で採り上げた中ではこのアプリだけでした。

気になる点は、定数計算ができない(?)点と、消費税の計算ができないことぐらいでしょうか。消費税の計算ができないのは、ボタン配置の都合でしょう。広告を解除できる有料版は240円です。

実務電卓C

実務電卓Cは、2016年6月リリースされた高機能電卓アプリです。

実務電卓Cの紹介

実務電卓Cの使用画面

実務電卓Cは、ボタンの配置が5列です。カシオの電卓を意識した仕様で、「=」ボタンが一番右下にないのは、好みが分かれるところでしょう。

定数計算もきちんとできるようになっており、計算方法もカシオ仕様です。(※数字を1回入力後に四則演算の記号を2回押すと、定数計算モードに入る)

なお、設定画面を表示すると、3回に1回の頻度で全面広告が表示されます。広告解除は120円です。

このアプリは、新規のリリース段階から高機能を備えてきました。AddCalcの有力な対抗馬になりそうな予感です。

う電卓

う電卓は、2016年1月にリリースされた電卓アプリです。

う電卓の紹介

う電卓の使用画面

う電卓は、ボタンの配置が4列です。広告表示がない電卓アプリに限ると、試した中でもっとも有能でした。

無料版では、「税込計算・チップ計算」「割り勘」の機能に使用時間帯の制限があります。解除するには120円です。

消費税計算は「税抜計算」ができません。また、定数計算もできません。

経理電卓Lite

経理電卓Liteは、2013年5月にリリースされた電卓アプリです。

経理電卓Liteの紹介

経理電卓Liteの使用画面1

経理電卓Liteの使用画面2

紹介したアプリの中では唯一、画面の縦横表示に対応しています。縦表示の場合のボタン配置は5列です。

最終アップデートが2014年2月で止まっているため、アプリ使用開始時の消費税率が5%になっていました。約2年半も更新がないことを考えると、今後の機能向上は期待できないかもしれません。

定数計算に対応しており、入力方法はWindowsの電卓と同じ仕様です。(※計算する2つの数字のうち、後の数字を定数とする)

縦表示の場合、広告枠が一番下にあって「=」ボタンを押すのに緊張を感じたり、入力時の効果音を消せないなど、気になる点もあります。広告表示を消せる有料版のProバージョンは240円です。

まとめ

以上、経理向けの本当に使える電卓アプリをiOS向けで探しました。数多くある電卓アプリのうち、メモリー機能があるなど最低条件を満たしたのは1アプリ、さらに高機能な経理向けの条件を満たしたのは4アプリでした。

どうしても無料で高機能なものを使いたいならば、広告表示がなく不満の少ない「う電卓」がおすすめです。

有料での使用を前提とすれば、「AddCalc」か「実務電卓C」のどちらか、という感じがします。電卓アプリは補助の用途が想定されますので、高すぎる要求は無理な気もしますね。

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

フォローする