【赤羽駅限定のおみやげ】純米吟醸ミニバウムでほろ酔い気分 

JR赤羽駅限定のおみやげ品、「純米吟醸ミニバウム」をご紹介します。

説明のポイント

  • JR赤羽駅構内のショップ「グリーンデリ」で入手できる
  • 23区唯一の清酒酒造場「小山酒造」の純米吟醸を使用したバウムクーヘン
スポンサーリンク

 

めずらしい「純米吟醸ミニバウム」!

赤羽駅でめずらしいおみやげを探しているなら、この一品はいかがでしょう? その名も「純米吟醸ミニバウム」です。

純米吟醸バウム

純米吟醸ミニバウムは、1個150円(税別)で、JR赤羽駅構内のエキュート赤羽・「グリーンデリ」の限定商品です。

この商品がめずらしいのは、「小山酒造」純米吟醸を使用したバウムクーヘンということです。

小山酒造は、赤羽のお隣の岩淵町にある酒造会社で、東京23区で唯一の清酒酒造場として知られています。

さて、バウムクーヘンの中を見てみましょう。

単品だとこんな感じです。ちょっと写りが悪くてすいません。

純米吟醸バウム2

2つに切り分けてみました。サイズは、直径8cm程度です。

純米吟醸バウム3

食べてみると、たしかにお酒の味がします。それも、かなりのアルコール感です。運転前には食べないほうがよさそうです(笑)

お酒を使った洋菓子というと、ラム酒を使った「サヴァラン」というケーキが有名です。それに比べてこのバウムクーヘンは、日本酒を使っているのがめずらしいところ。

洋菓子なのに、和の材料をつかっているところに意外性を感じます。

 

スポンサーリンク

 

似たような意味では、赤羽限定の和菓子「赤羽あんこ」も、あんこを洋菓子風にしたお菓子で、意外性がありました。こちらも赤羽駅周辺で入手できます。

当オフィスの所在する赤羽の、気になる地元情報をウオッチしています。 赤羽で買える「赤羽...

純米吟醸ミニバウムの原材料は、以下の画像のとおり。

純米吟醸バウム原材料名

けっこう日持ちはしそうです。購入日次第ですが、2~3週間程度は持ちそう。

植物油系のマーガリン、ショートニングは、気にする人は気にするかもしれませんね。味にうるさい人には、向かい側の店にあるユーハイムのほうが無難かもです。

どこで手に入るの?

純米吟醸ミニバウムは、JR赤羽駅構内のエキュート赤羽・「グリーンデリ」の限定商品です。

「グリーンデリ」は、食品やグッズなどをそろえたバラエティーショップのようなお店です。JR赤羽駅構内のエキュートにあります。

エキュート赤羽グリーンデリ

地図は次の画像で見てください。矢印は、赤羽駅北改札口からの進路です。

エキュート赤羽地図

引用:エキュート赤羽ショップ一覧

「純米吟醸ミニバウム」は1個150円(税別)です。

筆者が買ったときは、「純米吟醸ミニバウム」2個+小山酒造の「丸眞正宗ワンカップ」のセット品がありました。こちらは、580円(税別)です。

セット品のほうが、おみやげっぽくて、よりインパクトがありますね。

純米吟醸バウム

まとめ

お酒を使っためずらしいバウムクーヘン、赤羽駅限定の「純米吟醸ミニバウム」をご紹介しました。

その純米吟醸を提供している小山酒造は、23区唯一の酒蔵です。しかし、お酒に関心のない方や、地方出身の方には、あまり知られていないようです。

赤羽みやげに小山酒造の「丸眞正宗」をお渡しするのもいいですが、日本酒に「純米吟醸ミニバウム」も添えて渡すと、いっそうインパクトがありそうです。

丸眞正宗と同じ中身で、ラベルだけが違う「アカバネ」という日本酒も販売されていますので、こちらも赤羽みやげにおすすめです。(下の画像の左側のお酒)

丸眞正宗