画像認証が障害に マネーフォワードクラウドに不向きなクレジットカード

クレジットカードの利用明細を確認する場合に、セキュリティのために画像認証を導入している会社があります。これが障害となって、マネーフォワードクラウドの会計や経費精算において、データを取得しづらい場合があります。その事例を紹介します。

この記事では、事業主向けにスポットを当てていますが、家計簿アプリ「マネーフォワードME」でも共通の内容となります。

説明のポイント

  • マネーフォワードクラウドへの連携に不向きなクレジットカードの紹介
  • データ取得時に画像認証が必要で、手間が生じる
スポンサーリンク

 

クレジットカードの利用明細と自動取得

マネーフォワードクラウドを利用するメリットのひとつには、クレジットカードの利用明細を自動取得できることがあげられるでしょう。

このしくみがなかった時代では、クレジットカード会社から利用明細のCSVデータを手作業でダウンロードし、それを仕訳用CSVデータにあつらえて、インポートする……ということが行われていました。

しかし、クラウド会計であれば、そんな手間は不要です。データ連携をひとたび設定すれば、あとはお茶を一服している間にデータがインポートされます。

また、設定後はクレジットカード会社の明細が更新されれば、そのデータを自動取得してくれます。なんとも楽な時代になりました。

マネーフォワードクラウドで画像認証を要求される

ところがです。ここで述べた「自動取得」が、微妙に「自動」ではないケースもあります。

そのケースとは、画像認証を導入しているクレジットカード会社と連携した場合です。一例をあげてみましょう。

下の画像は、オリコカードを自動連携させた場合の状態です。定期的に利用明細をインポートしてもらいたいのですが、取得するためには画像認証がそのたびに必要です。

このため、データの取得はいつも停止されており、わざわざ手作業で認証したのち、取得が開始されます。

画像認証では、ランダムな「ひらがな3文字」を要求されます。毎回のようにひらがなの入力をおねだりされ、正直しんどいです。

悪意はないのでしょうが、「ぬぽぽ」などと頭の悪そうな文字が並ぶと、血圧が10ほど上昇することは間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

画像認証が必要なクレジットカード会社は?

さきほどの例では、オリコカードを紹介しましたが、これ以外にも画像認証の必要なクレジットカード会社はどれぐらいあるのでしょうか?

筆者が知るところでは、次のクレジットカード会社で、明細取得時に画像認証が必要とされているようです。

いずれも大手クレジットカード会社であり、利用者も多いことでしょう。

もしかしたら、これ以外にもあるかもしれません。ポケットカードでも、画像認証があるという話を聞きますが、筆者は未確認です。

ここで紹介したのは、明細取得時に画像認証が必要なものです。決済時などでの認証ではありません。

API連携でいずれは解消される?

明細データの取得(スクレイピング)をするためには、マネーフォワードクラウドにログインIDとパスワードを預ける必要があります。

この方法を、もっと安全・快適なAPI利用に変更しようという動きがあります。2018年から2019年の現在においては、とくに金融機関でその動きが顕著です。これは、API導入の努力義務が影響しているようです。

クレジットカード会社においてもAPI利用の導入が検討されているようで、2018年4月には経済産業省による「クレジットカードデータ利用に係るAPI連携に関する検討会」において「クレジットカードデータ利用に係るAPIガイドライン(第1版)」がとりまとめられています。

しかし、API導入への努力義務が課された金融機関に比べて、クレジットカード業界では、セゾンカード三越伊勢丹グループのエムアイカードのような例外をのぞき、いまのところAPI開放の動きはほとんど見られないようです。

とはいえ、いずれはAPI利用も増えてくることも期待されます。そうなれば、うっとおしい画像認証も不要になるのでしょう。

まとめ

マネーフォワードクラウドにクレジットカードを連携させても、画像認証が必要となり、自動取得にならない場合を紹介しました。

筆者が知るところでは、オリコ、セディナで画像認証があり、明細の取得がやりづらくなっています。

セキュリティを確保するためとはいえ、画像認証を毎回求められれば、やはり手間がかかります。そういう意味でいえば、これらのカードを事業用決済にあてるのは、とまどいを感じてしまいます。

ちなみにデータ取得の仕組みは同じなので、事業用にとどまらず、「マネーフォワードME」で家計簿をつけている場合でも同様です。

データ取得において画像認証が必要なものは、クレジットカード以外のサービスでもあるのですが、この点は別の機会に紹介します。