マネーフォワードクラウド会計 モバイルSuicaの画像認証を不要にする方法

マネーフォワードクラウド会計(マネーフォワードクラウド確定申告)に、モバイルSuicaを連携して利用明細を取得している場合において、面倒な画像認証を不要にする方法をお伝えします。

説明のポイント

  • モバイルSuicaのIDではなく、「My JR-EAST ID」で連携すれば、画像認証は初回の1回のみですむ
スポンサーリンク

 

モバイルSuicaとマネーフォワードクラウドの連携

個人事業主や、社長1人企業であれば、マネーフォワードクラウド会計(個人向けはマネーフォワードクラウド確定申告)を利用し、そこに「モバイルSuica」を連携しているケースも多いでしょう。

ICカードのSuicaと比較したメリットとして、モバイルSuicaであれば、利用明細をJR東日本のサーバーから取得できます。

しかし、ちょっとしたストレスがあります。それは、モバイルSuicaのIDを用いてマネーフォワードクラウドに連携すると、データを取得するたびに画像認証が求められる、ということです。

この画像認証を「めんどうくさい!」と思っている事業主も多いことでしょう。そこでこの記事では、毎回生じる画像認証を不要にする方法をお伝えします。

画像認証を不要にする方法

モバイルSuicaの画像認証を不要にする方法をひとことで説明すると、「My JR-EAST ID」を利用して連携するということです。

「My JR-EAST ID」と連携すれば、画像認証は初回の1回のみですむため、明細データの取得のたびに画像認証を求められることもありません。

この連携をするためには、次の手順が必要です。

  • JR東日本のホームページで「My JR-EAST ID」を取得する
  • 「My JR-EAST ID」の設定画面で、「モバイルSuicaのID」と「My JR-EAST ID」を連携させておく

これらの作業時間は、およそ10分程度です。

「My JR-EAST ID」を取得する

「My JR-EAST ID」は、JR東日本の提供している「えきねっと」「VIEWカード」などの各種サービスを共通利用できる統合IDです。

各サービスではそれぞれの個別IDをそのまま使うことができますが、「My JR-EAST ID」と連携させることで、この統合IDを用いて各サービスにログインすることもできます。

まず、JR東日本の「My JR-EAST ID」ホームページにアクセスし、会員登録をしてIDを取得します。

「モバイルSuicaのID」と連携する

「My JR-EAST ID」が取得できたら、設定画面で、モバイルSuicaとID連携を設定します。

マネーフォワードクラウドで連携を追加する

JR東日本のホームページで、「My JR-EAST ID」を取得し、モバイルSuicaのIDと連携をさせるところまで完了しました。

 

スポンサーリンク

 

次に、マネーフォワードクラウド会計にログインし、連携の設定で「モバイルSuica (My JR-EAST ID)」を追加します。(メニュー画面「データ連携>新規登録」

いままで選んでいた「モバイルSuica ID」とよく似ているので、注意しながら選択します。

なお、「My JR-EAST ID」であっても初回のみは画像認証が必要ですが、2回目以降の取得では画像認証はありません。

また、会計上の注意点として、連携をしなおすことによるデータの重複の可能性があります。これまでのモバイルSuicaのIDとの連携は、連携を削除するか、または非表示にすればよいでしょう。

連携の非表示は、メニュー画面「データ連携>登録済一覧」のあとで、画面上の「連携データを選択」を押すと設定できます。

補助科目を一致させる

これまで利用していたモバイルSuicaのIDと、新たに追加した「My JR-EAST ID」との連携では、現金における補助科目が違って設定される可能性があります。

この対応方法ですが、「My JR-EAST ID」を追加したあとに、メニュー画面「データ連携>登録済一覧」で表示された設定において、モバイルSuicaの科目設定を確認します。

おそらくは「My JR-EAST ID」という補助科目が新規に設定されているでしょう。この補助科目を、これをいままで使っていたモバイルSuicaの補助科目と同じものに設定すればよいでしょう。

個人的な意見ですが、フリーランスのような個人事業主であれば「現金」という勘定科目は使わないほうが楽でしょう。フリーランスは、現金の出納管理をしていないためです。この場合、モバイルSuicaの勘定科目は「事業主借」で設定し、事業用の利用を「旅費交通費」などで入力し、プライベート利用は対象外ボタンを押せばよいでしょう。

情報の参照元

この情報は筆者のオリジナルではなく、マネーフォワードのホームページでふつうに紹介されています。

参照モバイルSuicaをつないでより便利に!より便利な連携の方法とは?

ところが、その情報は家計簿アプリの「マネーフォワードME」にあります。

実は、家計簿アプリでもクラウド会計でも、明細取得のしくみは同じなので、この情報はそのままクラウド会計に流用できます。

モバイルSuicaと連携するのであれば、モバイルSuicaのIDを使うのが当然と感じるのも無理はありません。なんだか「引っかけ問題」のような気分になりますね。

まとめ

マネーフォワードクラウド会計(マネーフォワードクラウド確定申告)と、モバイルSuicaの明細取得において、画像認証を不要にする方法をお伝えしました。

ポイントは、JR東日本の統合IDである「My JR-EAST ID」で連携することです。

モバイルSuicaのIDでマネーフォワードクラウド会計に連携させており、毎回表示される画像認証に「めんどうくさいなあ……」と感じている人も多いようです。

そんな方のためのお役立ち情報ということで、ブログの記事にしておきました。

地味ですが、一度の設定でストレスが激減しますので、面倒がらずに「My JR-EAST ID」との連携をおすすめします。

なお、マネーフォワードクラウドの「画像認証」つながりとして、マネーフォワードクラウドとの連携で、あまりおすすめしないクレジットカードについての記事を以前に書きました。

こちらもあわせてご参照ください。

クレジットカードの利用明細を確認する場合に、セキュリティのために画像認証を導入している会社があります...