マネーフォワードクラウド プラン移行におけるチェックポイント

マネーフォワードクラウドのプラン改定にともない、2019年6月5日にプランの一斉変更が行われました。とくに小規模法人では、利用プランの再チェックをおすすめします。

説明のポイント

  • マネーフォワードクラウドの利用プラン改定が実施された
  • 法人は、「スモールビジネス」に引き下げ可能か検討を
  • 会計の年額払いの利用者も、いったん月額払いに強制変更されていることに留意
スポンサーリンク

 

マネーフォワードクラウドの利用プラン改定

かねて予告のあったとおり、マネーフォワードクラウドにおいて、利用プランの改定が6月5日に実施されました。

この点については、マネーフォワードからメールで通知があったとおりで、ホームページでも案内されています

これまで、バラ売りされていた各5本のソフトは、今回の利用プラン改定によって「会計・請求書・経費・給与・マイナンバー」を一括契約する方式に変更されました。

このブログの記事では、要点をしぼって、利用プラン改定後における注意点をお伝えします。

利用プランのチェック方法

まず、現在の利用プランを確認しましょう。

マネーフォワードクラウド会計(個人の場合はマネーフォワードクラウド確定申告)にログインし、画面右上の自社名をクリックします。

プルダウンで表示される「ご利用プランの管理」を選択します。

画面に、利用中のプランが表示されます。

  • 個人の場合は「パーソナルライト(月額1,280円)」
  • 法人の場合は「ビジネス(月額5,980円)」

となっています。

これは、マネーフォワードクラウドからすでに案内されているとおりです。

ここでチェックする要点は、以下の2つです。

  • 小規模法人の場合は、「スモールビジネス」への移行を検討する
  • しばらく月額払いを使って問題なければ、年額払いの利用を検討する

 

スポンサーリンク

 

個人事業主の場合は、機能に不満がなければ別にこのままでもかまいません。(アップグレードすると、電話サポートや、請求書発行が高機能になります)

法人の場合は、機能が過剰な可能性がありますので、小規模法人の場合は「スモールビジネス」へのダウングレードを検討したほうがよいでしょう。(理由は後述)

また、初期設定は月額払いとなっていますが、しばらく利用して不自由を感じなければ、年額払いへ移行してもよいでしょう。

年額払いを利用すれば、ひと月あたりの利用料をおさえることが可能です。

移行前のプランで年額払いを利用していても、移行にあたって月額払いに強制変更されています。支払済みの料金は、今後払う料金に充当されます。

法人で利用プランのダウングレードを検討する

法人の場合、初期設定の利用プランは「ビジネス」になっています。

これを「スモールビジネス」にダウングレードすることで、利用料の負担をおさえることができます。(月額5,980円→月額3,980円)

まずは、マネーフォワードクラウドによる機能比較表を確認します。

「ビジネス」と「スモールビジネス」で機能が異なるのは、会計と請求書の2つです。(経費・給与・マイナンバーは、どちらでも機能は共通)

「スモールビジネス」へダウングレードできるかの検討として、次の点があげられます。

  • これまで「電子証明書連携ソフト利用」を利用していた場合や、総合振込の明細を取得している場合 →「ビジネス」のまま継続
  • 請求書で、メンバーを多めに設定している場合や、販売管理台帳を利用している場合 →「ビジネス」のまま継続

例えば、小規模の法人であり、旧プランの会計で「ライト(月額1,980円・年額21,780円)」を利用していたのであれば、新プランは「スモールビジネス」にダウングレードして差し支えないでしょう。

なお、金融機関のネットバンキングでは電子証明書を利用していても、会計へのデータ取り込みでAPI連携を利用できる場合は、「電子証明書連携ソフト」は不要です。この場合も、スモールビジネスにダウングレードできるかもしれません。

なぜ高機能の「ビジネス」プランが移行後の初期設定プランなのか? という疑問ですが、移行前に提供されていた一括契約の「バリューパック」が、移行後のベースになっているためと考えられます。また、会計における年額払いを月額払いに強制変更したのは、改定前後の利用プランが、バラ売り・一括契約を含めて大きく異なっていることへの対応と考えられます。

まとめ

マネーフォワードクラウドのプラン改定にあたり、プランのチェック方法と、チェックポイントをお伝えしました。

要点としては、

  • 法人は、「スモールビジネス」に引き下げ可能か検討を
  • 会計の年額払いの利用者も、いったん月額払いに強制変更されていることに留意

ということです。

また、プラン改定前に一括契約のバリューパックを利用していた場合も、小規模法人では機能が過剰だった可能性もあります。やはりプランの再確認をされたほうがよいでしょう。