MFクラウド会計【放置厳禁!確定申告後にすべき帳簿の印刷とデータ保管】

MFクラウドで決算書を作成した方にむけて、確定申告が終わった後にやってほしい、帳簿の印刷とデータの保管を説明します。

説明のポイント

  • 総勘定元帳のPDF出力→印刷
  • 仕訳帳のPDF出力、CSVデータ出力
スポンサーリンク

 

確定申告が終わったらやるべきこと

確定申告書を税務署に提出したら、それで終わりというわけではありません。決算に関係した書類などを、きちんと保管しておくという義務も生じます。

青色申告の場合、次の対応が求められます。

決算が終わった諸帳簿や棚卸表、納品書、請求書、領収書などの原始記録は、住所地か居所地、事務所・事業所(これらに準ずるものを含みます。)の所在地に、7年間(一定の書類については5年間)保存しておかなければなりません。

引用:【PDF】平成28年分青色申告の決算の手引き(一般用)より

参考記帳や帳簿等保存・青色申告(国税庁)

このとおり、帳簿は7年間の保存が求められます。では、クラウド会計ソフトで作成した帳簿は、どのように保存すればいいのでしょうか?

実は、パソコンソフトで作成した帳簿は、基本的にすべて印刷する必要があります。

もしパソコンやサーバーの内部で保存しておく場合は、電子保存に対応した会計ソフトを使い、税務署の承認を得る必要があります。

ただし、税務署の承認を得ているケースは少ないと思われますので、大半の方は帳簿を印刷して保管する必要があるわけです。

なお、「MFクラウド確定申告」は現状において、帳簿の電子保存には未対応です。

【参考】帳簿の電子保存の方法を紹介した当ブログ記事

会計ソフトに入力された帳簿のデータは、紙に印刷せず、データのまま保存することができます。電子...

「MFクラウド確定申告」利用者向けの帳簿の保存方法

「MFクラウド確定申告」を使って決算書を作成した方に、帳簿の保存方法を説明します。

1.総勘定元帳PDFの出力と印刷

まず、「MFクラウド確定申告」を起動し、「会計帳簿」から「総勘定元帳」を選択します。

会計帳簿→総勘定元帳

画面右側にある「エクスポート▼」のボタンを押して、「PDF出力」を選択します。

総勘定元帳のPDF出力

出力設定がポイントです。「全科目選択する」「期中に仕訳はないが開始残高のみ登録されている勘定科目も出力する」のふたつにチェックを入れます。チェックを入れたら、「出力する」を選択します。

総勘定元帳の出力設定

自動的に、MFクラウドストレージの画面に移行します。PDFの作成が終わったら、「ダウンロード」のボタンを押してPDFをダウンロードします。このPDFを印刷します。

仕訳帳CSVのダウンロード

補助科目を利用している場合は、補助元帳も印刷しておくとよいでしょう。「会計帳簿」→「補助元帳」からPDFを出力できます。
参考:補助元帳の補助科目一括出力に対応しました(MFクラウド)

2.仕訳帳PDFの保管

次に、仕訳帳のPDFを出力します。「会計帳簿」→「仕訳帳」を選択します。

 

スポンサーリンク

 

会計帳簿→仕訳帳

画面右側にある「エクスポート▼」のボタンから、「PDF出力」を選択します。

仕訳帳PDFの出力

自動的に、MFクラウドストレージの画面に移行します。PDFの作成が終わったら、「ダウンロード」のボタンを押して、PDFをダウンロードします。

仕訳帳PDFのダウンロード

この「仕訳帳」も、先ほどの総勘定元帳と同じように印刷すべきか? といえば、ルール上では「印刷すべき」という回答になります。総勘定元帳でほとんどの取引内容がわかるので、印刷した「仕訳帳」の重要性は低いですが、複数行の仕訳(諸口)を参照する場合などに用いられます。

3.仕訳帳CSVの保管

仕訳帳のCSVデータも出力しておきましょう。ただ、これは税務上の要件ではありません。万が一の場合に備えるための、自主的なバックアップです。

なお、MFクラウドでは、厳重なバックアップ体制を敷いており、有料プランの利用者に対しては「トリプルバックアップ」が適用されます。

あらゆる障害を想定し、遠隔地にデータのバックアップを3重に取得することで、大切なデータを安全に保管します。

引用:「MFクラウド確定申告」料金プラン

このように安全性の高いシステムになっていますが、物事に100%はありません。自分でも復元可能な帳簿データを保管しておきましょう。

先ほど同様に、「会計帳簿」から「仕訳帳」を選択します。

会計帳簿→仕訳帳

画面右側にある「エクスポート▼」から「CSV出力」を選択します。

仕訳帳CSVの出力

「CSV出力」は他の会計ソフトでも使える汎用性が高い形式です。一方、「MFクラウド」は、MFクラウドだけの独自形式のCSVデータです。トラブルが生じた場合の乗り換えを考えて、ここでは汎用性が高い形式のインポートをおすすめしています。

CSVをダウンロードします。これまで入力してきた帳簿データのすべてが、この仕訳帳のCSVに反映されています。

総勘定元帳PDFのダウンロード

完全なバックアップを目指すならば、このほかに、固定資産台帳や勘定科目設定などもバックアップしましょう。

どこに保管すべきか?

印刷した総勘定元帳などの帳簿は、請求書などの書類とまとめて、倉庫や押し入れに保管しておきましょう。

また、ダウンロードしたPDFやCSVデータは、自分のパソコンとは切り離された環境下に保存するのが理想です。

  1. クラウドサーバー
  2. 外付けハードディスク(パソコンと常時接続していないもの)
  3. DVD-Rなどのバックアップメディア

などに保管しておきましょう。

「年度締め」をもう一度行うこと

次年度の入力を先行して行うために、仮の「年度締め」を実施している場合もあるでしょう。

この場合、決算が確定したあとで、もう一度「年度締め」を実施します。これは、以前に繰り越した残高が古い状態になっている可能性が高いためです。

年度締めのやり方を忘れた場合は、MFクラウドのヘルプを参照してください。

参考年度締めの方法(MFクラウド会計)

まとめ

「MFクラウド確定申告」を使っている方に向けて、確定申告書の提出後にやっておいてほしい帳簿の印刷や保管方法を説明しました。

決算後における帳簿の印刷は、税務上の要件です。自分だけで帳簿をつけている不慣れな人の場合、税理士のようなフォロー役がいないと、帳簿をまったく印刷していないケースもあるようです。

国税庁もこの点を気にしているようです。昨年(2016年)12月には、国税庁から帳簿の電子保存には税務署の承認が必要な旨の注意喚起が出ています。

会計初心者の多いクラウド会計ソフトの利用者は、とくに要注意です。

とくにクラウド会計を利用している方は、要注意です。決算後、帳簿を印刷せずにデータのまま放置し...