freeeで出力したxtxデータは、「確定申告書等作成コーナー」では読み込めない

freeeのサイト画面

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」では、freeeで出力した個人の確定申告用データ(xtxデータ)は読み込めない点について触れます。この点は、freeeのヘルプに書かれていませんので、記事にしておきます。

スポンサーリンク

freeeでe-taxのデータ送信が直接できるわけではない

知名度の高いクラウド会計ソフトのfreeeは、個人事業主にも好評です。ただ、確定申告をするにあたって、ちょっと気になる点がありました。

確定申告が初めての方が誤解しそうな点ですが、freeeのサイト上だけで確定申告が完結するわけではない、ということです。freeeで可能なのは、「確定申告書(のデータ)を作成する」までの部分です。税務署に確定申告書を提出するためには、その後に

  1. 紙に印刷した申告書を税務署に郵送する
  2. 別の税務ソフトで、申告書のデータを電子申告する

のいずれかが必要です。

図解すると次のようになります。

確定申告書の作成から税務署への提出までの流れ

freeeで作った確定申告書では物足りない?

freeeで作成できる確定申告書は、細かい所得までは入力できません。例えば、株式等の譲渡所得のある場合が該当します。

freeeはあくまで会計ソフトであり、税務ソフトではありません。細かい機能まで期待するのも無理な話なので、仕方ありません。freeeでは事業の帳簿づけに限定して、それ以外の所得を入力する場合は、他の税務ソフトで行いましょう。

国税庁提供の税務ソフト

国税庁は、確定申告書のデータ送信用に、次の税務ソフトを用意しています。

  1. 確定申告書等作成コーナー
  2. e-taxソフト(Windows版)
  3. e-taxソフト(Web版)

1.確定申告書等作成コーナー

1の「確定申告書等作成コーナー」ですが、これはインストール不要の確定申告専用ソフトです。電卓をたたいて計算する必要はなく、資料からの数字を入力するだけで確定申告書が完成します。この方法で申告書を作成するのがおすすめです。

2.e-taxソフト(Windows版)

2の「e-taxソフト」windows版はインストール式の税務ソフトです。国税庁に提出できる多くの書類を網羅していますが、操作感がいまいちで難易度が高く、おすすめしません。「確定申告書等作成コーナー」のような親切さは皆無で、白紙の確定申告書に記入しているのとほとんど変わりません。

3.e-taxソフト(Web版)

3の「e-taxソフト」web版は、windows版よりも機能が絞り込まれており、画面表示はシンプルです。しかし、現状のバージョンでは取り込んだデータを加筆できず、申告書のデータ送信しかできません。

 

スポンサーリンク

 

参考e-Taxと「確定申告書等作成コーナー」の違いは何ですか。|e-Tax

xtx形式のデータが読み込めない?

freeeで作成した申告書のままで加筆する必要のない場合は、紙で印刷して提出するか、上記2または3のe-taxソフトを使って電子申告すればOKです。

しかし、申告書を加筆する場合、便利な「1.確定申告書等作成コーナー」を使用したいわけですが、少々問題があります。それは、freeeから出力したxtxデータが、「確定申告書等作成コーナー」では読み込めないということです。

参考freee – e-taxソフトを利用して提出する

下の画像は、freeeの確定申告書出力画面です。ここからxtxデータを出力できます。しかし、このデータの利用はe-taxソフトに限られており、「確定申告書等作成コーナー」では使用できません

freeeによれば、freeeから出力した申告書のデータ(xtxデータ)は、「e-taxソフト」で読み込むものと書いてあります。「確定申告書等作成コーナー」では使えない点も触れていればわかりやすいと思うのですが、残念です。

freeeの青色決算書ダウンロード箇所

xtxデータ自体は読み込めるが?

確定申告書等作成コーナーでは、実は「xtxデータ」の読み込みそのものは可能です。しかし、読み込めるxtxデータは、「確定申告書等作成コーナー」から出力したxtxデータに限定され、freeeなどで作ったxtxデータは利用できません。

実際に、「確定申告書等作成コーナー」でfreeeのxtxデータを読み込んでみると、エラー表示が出ます。データの仕様が微妙に違うためでしょうか?

確定申告書等作成コーナーでxtxが読み込めない

まとめ(現状の対応策)

ここまでfreeeに限定してxtxデータの取り扱いを述べてきましたが、freeeだけでなく、弥生会計などで出力したxtxファイルも同様のようです。

現状の対応策としては、

  • 「確定申告書等作成コーナー」で申告書・決算書を作成
  • 決算書の入力は、freeeで作成した決算書をもとに手入力で転写する
  • 減価償却資産などの記入欄が多く、転写が面倒な場合には、その部分は紙で提出する

この方法が無難のように思えます。

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

フォローする