帳簿入力の救世主か?仕訳代行サービス「STREAMED」を試す

STREAMEDのサイト画面

帳簿づくりを手伝ってくれるネットサービス「STREAMED(ストリームド)」を紹介します。

説明のポイント

  • 領収証の入力代行サービスである「STREAMED」を紹介している
  • 会計事務所に依頼しなくてもよくなる。ネットですべて完結する
スポンサーリンク

一番大変なのが、帳簿づくり

確定申告の時期では、「領収書がいっぱいの封筒をどうしよう……」という悩みがつきものでしょう。

確定申告を終了するまでには、

(1)請求書や領収書を整理 →(2) 帳簿をつくる → (3)損益を集計する →(4)申告して税金をおさめる

という手順が必要です。

このうち(2)の帳簿づくりは、領収書の入力代行サービスを使えば楽できます。自分でやるのは大変で時間もあまり無い……という場合に、使えるサービスです。

入力代行サービスとは

入力代行サービスとは、領収書の画像データを送信すると、データ入力を代行してくれるサービスです。あとは、できあがった仕訳データを出力して、会計ソフトに取り込めば完成です。

つまり、作業依頼から仕訳データの出力まで、すべてがネット上でやりとりが完結します。会計事務所に連絡して、領収書の入力代行を頼むような手間はありません。

ネット上では似たようなサービスがいくつかありますが、多くの会計ソフトに対応する「STREAMED」を使ってみます。

STREAMEDとは?

「STREAMED」とは、株式会社クラビスが提供するネットサービスです。

サイトクラウド経費精算アプリ「STREAMED(ストリームド)」(クラビス)

株式会社クラビスの会社情報を見ると、どんな会社かを知るには少ない情報量です。「有名な会社から出資を受けてます」みたいなアピールも見当たらないです。

情報を他社に預けることは、リスクも伴います。サービスの利用は、企業の信頼性をよく判断しましょう。

どんなことができる?

領収書の画像データを送信すると、

  • 日付
  • (貸借の)勘定科目
  • 摘要
  • 金額

の仕訳データが作成されます。

仕訳データをcsvで出力して、多くの会計ソフトで読み込めます。細かい設定も可能で、下記の画像のように、勘定科目や出力形式を設定できます。

STREAMEDの出力形式選択

データ作成の仕組みはどうなっている?

データの作成の仕組みですが、入力担当者が、領収書の画像を見て手入力しているとのことです。このため、精度が高いデータ作成が期待できます。また、データ作成の完了時間は「1営業日」とのことです。

下記の画像は、作業依頼中の画面です。

STREAMEDのデータ化中画面

入力担当者へのデータ送信はどうする?

領収書データを送信するには、次の3通りがあります。

  1. スマホアプリからの撮影
  2. スキャナーで取り込み → 専用ソフトorウェブからアップロード
  3. 専用ソフト

1.スマホアプリからの撮影

領収書を撮影して取り込みます。

 

スポンサーリンク

 

スキャナーを持っていない場合でも安心です。撮影した画像は、そのままアップロードされます。アプリは、iOSとAndroidがあります。

2.スキャナーで取り込み → ウェブor専用ソフトから手作業でアップロード

スキャナーで取り込んだ画像をアップロードします。Windowsを使用しているなら、専用ソフト「アップローダー」を使うことで、手もとにある複数の画像データを一括して送信できます。(Macには非対応です)

ウェブから1つ1つ画像をアップロードする方法もありますが、時間がかかります。この場合、上記1のスマホアプリを使った方がいいでしょう。

STREAMEDの領収証読み込み

3.専用ソフト

上記2と同じ専用ソフト「アップローダー」を使い、指定のスキャナーを使っている場合には、読み込んだ画像データを直接アップロードできます。(対応スキャナーは、ScanSnapなど)

この方法が一番早く処理できますが、対応スキャナーを持っているWindowsユーザーであることが条件です。

STREAMED Uploaderの画面

料金は?

有料プランは、「プロプラン・ライト」と「プロプラン」の2種類です。

  • 「プロプラン・ライト」の場合、月額300円で5枚まで作成可能、その先の追加料金は1枚30円
  • 「プロプラン」の場合、月額1,950円で100枚まで作成可能、その先の追加料金は1枚20円

プランごとの入力枚数と料金の比較表を作成しました。金額は税抜です。毎月60枚以上を入力する場合は「プロプラン」がお得な選択です。

入力数 プロプラン・ライト プロプラン
30枚 1,050円 1,950円
60枚 1,950円 1,950円
100枚 3,150円 1,950円
150枚 4,650円 2,950円

実際に試してみました

領収書をスマホアプリで撮影しました。その後、データがSTREAMEDのサーバーに保管されています。データもきちんと作成されており、とくに問題ありません。

STREAMEDの領収証処理画面

読み込んだデータは人の手で入力されているため、精度はかなり高いです。実際に試した感想ですが、

  • 手書きの領収書 →OK
  • 割り勘のために書き込んだ金額の修正 →OK

という感じでした。イレギュラーな領収書も対応できますので、単なるOCR読み取りに比べると便利です。

まとめ

入力代行サービス「STREAMED」を紹介しました。自分の負担を軽減できるサービスとして、利用価値はあります。

クラウド会計の自動読込では読み込めない現金払いの領収書は、手作業での入力になってしまいます。しかし、入力代行サービスを活用すれば、個人事業主の負担が軽減されるでしょう。

紹介したサービス

■STREAMED(ストリームド)
http://streamedup.com/

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

フォローする