海外出張の多い事業主に注意 クラウド会計に連携したクレカで現金を引き出すと、残高がずれる?

割れ目

クラウド会計でクレジットカードの利用明細を連携し、仕訳データとして取り込んでいる方も多いでしょう。

これはとても便利な機能ですが、連携するクレジットカードでキャッシングすると、取り込まれた仕訳と支払額の間に、差額の生じるケースが見られました。

説明のポイント

  • クラウド会計に連携するクレジットカードでキャッシングすると、残高がズレる可能性あり
  • 決算時は、帳簿残高と実際の資料を付き合わせて、数字の一致をチェックすること

スポンサーリンク

 

クラウド会計の利便性

人気を博しているクラウド会計。

銀行口座やクレジットカードの利用明細から、仕訳データとして直接取り込めるという機能を持ち、利便性を大きく向上させています。

この機能を積極的に推し進めたクラウド会計ソフトとして、freeeとMFクラウド会計が有名です。この2つのサービスは、大きくシェアを伸ばしています。

クレジットカードでキャッシングすると、残高がズレる?

以前から気になっていたことですが、クラウド会計に登録しているクレジットカードでキャッシングを行うと、残高のズレが生じるという問題があります。

  • JCBカード+MFクラウド会計
  • JCBカード+freee

の組み合わせで、ズレる現象を確認したのでお知らせしておきます。

例えば、海外出張の多い事業主で、現地通貨をクレジットカードで引き出している場合は注意してください。

ズレが生じたケース

以下はJCBのクレジットカードの明細表です。

JCBカード利用明細海外キャッシング

まず、海外で現地通貨で引き出しましたので、当日の為替レートで換算し、6,703円(左側の数字)になりました。

この海外キャッシングには、カード会社からの利息が上乗せされるため、カード会社への支払額は6,808円(右側の数字)になります。

 

スポンサーリンク

 

この海外キャッシングについて、クラウド会計に自動連携された仕訳で見ると、「6,703円」になっています。キャッシング利息の105円は考慮されていません。

キャッシングに関する仕訳1

クラウド会計の明細読み取りは、クレジットカードの「利用明細」の金額を参照していると推測されます。(JCB以外の他社は不明)

解決策

このズレを一致させるため、利息分105円の仕訳を手入力しましょう。

キャッシングに関する仕訳2

仕訳についての補足説明です。現地通貨を引き出しただけでは経費にならないため、借方を「事業主貸」にしています。その現地通貨を事業用として使用したときに、「(○○費)/(事業主借)」として計上します。

まとめ

クラウド会計が普及しつつあり、複式簿記で決算書を作成することは、以前よりも敷居が下がった感もあります。

決算書の「貸借対照表」について、税務署への提出前に次の点を確認しましょう。

  • 貸借対照表の「普通預金」の残高と、決算日時点の通帳の数字は一致しているか?
  • 貸借対照表の「未払金」の残高と、決算日時点のクレジットカードの未払分の残高は一致しているか?

会計ソフトに不慣れな人ほど、なんらかの誤った操作により、残高のズレている可能性が高いので要注意です。

クラウド会計と税務の情報をお届けする東京都北区赤羽の税理士。好きな食べ物は、さば缶。
ブログのはみだし情報と、つぶやきはtwitterにて。1日平均2~3ツイート、フォロー返しはしていませんのでお気軽に。更新情報だけを受け取る場合は、RSSでチェックを。