無料クラウド会計ソフト「RUCARO」の試用感 サーバーインストール型の実力は?

rucaroキャプ

サーバーインストール型の無料クラウド会計ソフト「RUCARO」を紹介します。

説明のポイント

  • 自分でサーバーにインストールして使用するクラウド会計ソフト
  • 無料で使用できる
  • インストールや操作感に難しさがあるため、上級者向き
スポンサーリンク

RUCAROとは?

logo_250_64

「RUCARO」とは、RUCARO株式会社が提供する、無料のサーバーインストール型のクラウド会計ソフトです。

クラウド会計ソフトといえば、サービス提供業者のサーバーと会計システムが一体となっているものが一般的です。この場合、会計データや機密度の高い情報はすべて、サービス提供業者に預けることになります。

しかし、自分が使用するサーバーで会計ソフトを利用すれば、機密情報は自分で管理できます。従来のインストール型の会計ソフトと、クラウドの特質をあわせもった会計システムであるといえます。

この会計ソフトのメリットは、次のように説明されています。

国内中小企業、個人事業主 を想定し開発され進行中の会計ソフト。
サーバーインストール型
ユーザー登録数無制限
永久無料
銀行明細CSVインポート可能
減価償却費の自動計上
簿記が分からなくても仕訳逆引き辞典で解決
セキュリティは自身で二段階認証やログイン通知等で強化可能

ダウンロードするには?

RUCAROは、下記のサイトからダウンロードできます。ダウンロード前にユーザー登録が必要です。

サイトプライベートクラウド会計ソフトRUCARO

インストールから操作までの詳しい内容は、オンラインマニュアルが用意されています。通信を暗号化するため、共有SSLまたは独自SSLに対応しているサーバーを使用しましょう。

かいつまんだ手順としては、次のようになります。

  1. RUCAROのZIPファイルを公式サイトからダウンロードして解凍。
  2. 解凍したファイルを、FTP経由でサーバー内に移す。
  3. サーバー内でPHPを動作させる。
  4. サーバー内でデータベースを作成する。
  5. RUCAROを起動して、作成したデータベースとのひも付けをする。

使用感

以下の画像は、会計ソフトの画面をキャプチャしたものです。

rucaro02a

 

スポンサーリンク

 

▲メニュー画面一覧。部門設定、固定資産管理、分析機能も実装。

rucaro05a

▲仕訳入力画面

rucaro04a

▲仕訳帳

rucaro03a

▲残高試算表(B/S)

法人、個人事業主ともに対応可能です。「ひととおり」といえる以上の機能が実装されています。ざっと試用した印象では、一般的な会計ソフトとほぼ同じ機能を持っています。

デメリット

デメリットも述べておきます。

最大のデメリットは、使用を開始するまでの難しさです。IT担当者のいない中小企業では、専門業者に依頼する必要があるでしょう。

サーバーにインストールすることを考えると、従来型のインストール・パッケージ型の会計ソフトと比べて、大きな違いはありません。クラウド型というメリットだけで、精度の高いインストール型に対抗できるのかは難しいところです。

操作感はシンプルです。しかし、シンプルすぎて何をしていいのか、よくわからない印象です。あらかじめ他の会計ソフトで熟練していないと、このソフトを活用するのは難しいです。もっと機能をしぼった簡易版が提供されてもよいのでは、とも思われます。

仕訳データのCSVインポートも、フィルター(学習)機能はありますが、それを設定するまでの難しさを感じます。今後、銀行からのCSVの自動取り込み機能を実装予定とのことですので、その時点で改めて評価をしたいところです。

代表者がひとりで開発している?

「RUCARO」の情報を調べると、この会計ソフトは代表者がひとりで開発しているようです。

ソフトの水準は大手に及ばずとも、独力でここまでの会計ソフトを作成されたことに、心から敬意を表します。

参考日本一安全なプライベートクラウド会計ソフトを作りたい(READYFOR、2015年4月30日締め切り

まとめ

自分でサーバーにインストールする、無料クラウド会計ソフト「RUCARO」を紹介しました。このような会計ソフトはめずらしく、国内では「RUCARO」が唯一のソフトではないでしょうか。

使ってみると、少々難易度の高い会計ソフトのように感じられ、上級者向きの印象でした。

紹介したソフト

サイトプライベートクラウド会計ソフトRUCARO

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

フォローする