「Yahoo!ニュース」はできるだけ見ない、というスタイル

クモの巣

「Yahoo!ニュース」の罠から抜けだして、逆に使えるところだけ使う、というスタイルを提案します。

説明のポイント

  • 「Yahoo!ニュース」は極力見ない、ニュースアプリもなるべく使わない。
  • 自分に関心のある情報の収集に限って使う。
  • 「Yahoo!ニュース」の手のひらに乗らない、使えるところだけ使う。
スポンサーリンク

Yahoo!ニュースをブラウザの「ホーム」から外そう

説明不要だとは思いますが、「Yahoo!ニュース」とは、検索サイト「Yahoo!(ヤフー)」が提供するニュースサイトです。報道各社から提供された記事を集めて掲載しています。

しかし、私はこの「Yahoo!ニュース」をなるべく見ないように心に決めています。以前はブラウザのホームボタンに設定していましたが、外しました。外したことで不都合も別にありません。また、スマホのニュースアプリも使いません。

Yahoo!ニュースやニュースアプリの問題点

私が考える問題点は次のとおりです。

  • 好奇心や嫉妬をあおるような情報(ノイズ)がおおい
  • 関心のない情報が目につくため、ストレスになる
  • 下心を出してクリックすると、「時間泥棒」の罠にはまる

これまでにもジャーナリズムの点から、Yahoo!ニュースやニュースアプリに対しては厳しく批判されています。しかし、私はどちらかというと、「節ネット」の点から利用をできるだけ避けるようにしました。

「節ネット」という観点

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』(石徹白未亜著)は、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)において他人の動向が気になったり、ねたましく思ったりして、時間を浪費している状態を赤裸々に披露し、その状況からの脱却、いわゆる「節ネット」を主張しました。

Yahoo!ニュースは、SNSとは異なり、自分に近い人の情報が掲載されているわけではありません。むしろ、自分とは一切関わりのない芸能人の情報などが目につきます。つまり、他人の動向が不必要に気になってしまう点では、SNSと共通する部分があります。

 

スポンサーリンク

 

多かれ少なかれ不必要な情報が目に入ると、時間の浪費が生じます。「節ネット」の観点から見ると、Yahoo!ニュースをだらだら眺めるのは危険です。

時間泥棒には近づくな

Yahoo!ニュースをブラウザのホームボタンに入れておくと、息抜きの際に一見便利に思われます。さらに、いろいろな情報が入ってくるので、なんとなく「情報通」のような感覚になります。

ところが、これが「罠」です。トラバサミなのです。大半の読者は、お坊さんではありません。人の好奇心、関心をあおる見出しを見せつけられると、どうしても心が動きます。

そのトラバサミにとらわれ、本来はどうでもいい記事を見たり、関連情報を探っていると、いつの間にか時間が経っているという罠。人生って30,000日程度しかないんですけど?

30,000日残っているのは生まれたてのベビーの話なので、実際の残り日数はもっと短いです。

考えてみれば当たり前の話

0円

Yahoo!ニュースは慈善事業ではなく、広告で収入を上げています。ユーザーの滞在時間が広告収入に直結することを考えれば、どんな手段をとってもいいから、ユーザーを引き留める方法を優先するはずです。そこには、仁義も何もありません。

Yahoo!ニュースで見られる情報は「商品」です。もっと品を悪くいえば、「エサ」です。ウインドウショッピングしている人間を、1秒でも長く引き留めるための「商品」。それがニュースだということは、考えてみれば当たり前の話です。

これらの商品は、実は無料ではなく、読者は「時間」や「ストレス」という対価を払っています。読み終わった後に残った知識は人生の役に立つものでしょうか。

手のひらに乗るな!こっちが使え

Yahoo!ニュースで私が唯一使うのは、「テーマ」記事が収集できる機能です。この機能は、自分に関心のある分野の記事だけを抽出してくれるサービスです。

yahooニュースのテーマ設定

▲Yahoo!ニュースのテーマ設定画面。

つまり、のんべんだらりとYahoo!ニュースのトピックスを眺めるのではなく、必要なツールに限って活用することがポイントです。Yahoo!ニュースはお釈迦様の手のひらみたいなものです。「罠にはまるな、こっちが使え!」という意欲で行かないと、かなり時間を持っていかれます。

もちろん、様々な情報に目を通しておきたい、という考え方はあるでしょう。その場合には、トピックスの見出しの閲覧にとどめて、その記事の内容は絶対に見ないと、心にかたくルールづけます。

ニュースアプリも、自分が関心のある分野に限って絞り込みができるなら、活用する意味はあるかもしれません。

まとめ

Yahoo!ニュースの手のひらに乗るな、こっちが使え! がポイントです。

紙の新聞であれば、情報の内容や重要さに順位付けをして整理してくれます。ところが、Yahoo!ニュースやニュースアプリは、これらの整理があまく、不必要なノイズが多く含まれています。情報収集の手段としてはあまり効率的ではなく、時間泥棒の罠に気をつける必要があります。

この罠を回避し、自分の時間を確保する「節ネット」を実現するには、こっちから積極的に使えるものだけを使う! という決意でいくべきです。

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

フォローする