即座に音声メモ! Evernote連携アプリ「todayee voice」が便利

Evernoteと連携するアプリ「todayee voice」で、音声でのメモ取りが激的に楽になったので、おすすめします。

説明のポイント

  • 手入力不要、音声認識でメモを取ってEvernoteに送信できる
スポンサーリンク

 

Evernoteでメモをとる

私は、普段のメモや記録に「Evernote」を使っています。

「Evernote」は、日本で900万の利用者数を誇る(参照記事)という、人気のクラウドツールです。クラウドに保管したノートを、パソコンやスマホから記入・参照・検索できます。

Evernoteのメリットはいろいろありますが、例えば、ノートに情報を集約することで、自分がその情報を忘れることができる点を挙げられるでしょう。自分が忘れてしまっても、Evernoteという確実な「記憶装置」が覚えておいてくれるわけです。

手入力によるメモの問題点

私はこれまで、アイデアやToDoを思いついたときのメモ用に、「Fastever2」というEvernoteの連携アプリを使っていました。(iOS向け)

連携アプリを使うのは、Evernoteで直接入力するよりも便利になるからです。このため、Fastever2のような連携アプリを使っている人も多いでしょう。

ただ、Fastever2では、メモをとる場合でも基本的に手入力が必要です。音声認識でメモを取ろうとすると、すぐにメモ取りを開始できないという煩雑さを感じていました。また、隣の「地球マーク」を間違って押してしまうというストレスもありました。

「todayee voice」による音声入力のメモが便利

この問題を解消してくれたのが、「todayee voice」です。「todayee voice」は、2016年11月にリリースされたiOS向けのアプリです(iPhone、iPad用)。

todayee-voiceアプリ紹介

有料アプリで、価格は120円とお手頃です。Evernoteの連携アプリなので、利用するにはEvernoteのアカウントが必要です。

なお、このアプリは、音声認識によりテキストを作成するものです。音声ファイルを添付したノートをEvernoteに送信するものではありません。

メモをとるのにボタン操作は不要

まずはアプリを起動して、Evernoteと連携を完了させます。

その後はアプリを起動すると、すぐに音声認識モードになります。iOSの音声認識は優秀なので、特殊な用語でなければ、きちんとメモがとれます。

音声だけの入力ですが、句点は「まる」、読点は「てん」、改行は「かいぎょう」、クエスチョンマークは「はてな」という音声で入力できます。文章を書くことも不自由はなさそうです。

 

スポンサーリンク

 

とくに便利なのは送信機能です。メモの最後に「送信」と言うことで、アプリが送信の指示であると解釈して、メモを自動送信します。アプリを起動してから送信まで、手入力は一切不要です。

もし変なメモになったときは、スマホの画面をタッチすると、手入力モードに移行することができます。修正後は、右下の「雲のマーク」を押すと送信できます。

Evernoteは、連携しているtodayeeから送信されたデータを受け取って保存します。

Evernoteの内部では、todayeeを経由して送信した同日中のメモが、1つのノートとしてまとめて保存されています。日付が変わると、次のノートが作成されます。

todayee-voiceのメモまとめ

このアプリで何が便利になったか

便利なのは、アプリを起動した直後から、すぐにメモを取れる点です。

私の場合、寝床に入ってからアイデアを思いつくことも多いので、その場合にスマホを起動して、すぐにメモできます。スマホの画面を見る必要がほとんどないため、眼から光を浴びずに済んで、睡眠への影響も少ないです。

また、その日のメモがまとまることも便利です。思いつきでたくさんメモをとっても、Evernote内にノートが散らばることはありません。

なお、電車の中で音声でメモを取るのは恥ずかしいので、その場合は、兄弟アプリの「todayee text」でテキスト入力してメモを取っています。

「todayee text」は、Fastever2と似た機能を持つテキストメモ用アプリです。取ったメモは、「todayee voice」と同じメモとしてまとまります。セットでの利用をおすすめします。

 「todayee voice」でもテキストメモを取ることはできますが、細かい作業はできません。

メモをとることの重要性

メモをとることは重要です。アイデアの神様が降りてくるのは一瞬であり、そのときに浮かんだアイデアをもれなくメモすることが、自分の財産になります。

日頃の気づきを書き留めておくことも、改善や効率化につながります。

著名な方々も、メモの重要性を強調しています。

例えば、日本マクドナルドの創業者である藤田田氏(故人)は、著書『勝てば官軍』(1996年)において、24時間メモをとって見返すことを推奨しています。

また、経済評論家の勝間和代氏も、ICレコーダーによる音声メモを推奨しています。(『勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践』2008年、など)

逆に、「メモは一切とるな」という主張はあまり見たことがありません。

まとめ

Evernote用に、音声入力でメモを素早く取れるアプリ「todayee voice」を紹介しました。

有料アプリですが、120円どころではない価値を感じました。激的にメモが楽になるので、おすすめします。

テキスト入力用の兄弟アプリ「todayee text」とあわせて利用するとよいでしょう。