【MFクラウド会計】自動仕訳ルールでの「複合仕訳」設定 借入金の返済で数字を自動表示できる

MFクラウド会計・MFクラウド確定申告で、自動仕訳ルールでの「複合仕訳」の設定方法をお伝えします。

借入金の返済で、「元金返済」と「利息支払」の入力が面倒くさい! と感じている場合におすすめの方法です。

説明のポイント

  • 元金(元本)と利息の複合仕訳を、自動表示できる設定方法
スポンサーリンク

 

元本と利息に分けた仕訳を自動で表示できるか?

MFクラウドの便利な点は、仕訳を自動で表示してくれることです。

しかし、ちょっと面倒なのが「複合仕訳」の入力です。例えば借入金の支払いがある場合は、毎回数字を手入力していることもあるでしょう。

しかし、次のような返済表であれば、自動的に元本も利息も数字を表示させることができます。

借入返済表の例

この返済表を見ると、その特徴は、

  • 勘定科目が複数に分かれる(複合仕訳)
  • 毎回数字が変動する

という処理です。

ミニビジネスでは、日本政策金融公庫のお世話になっている人も多いでしょう。

そこで、借入金の返済のときに、仕訳を自動的に表示できる設定方法を考えます。

MFクラウド会計で複合の自動仕訳を設定する

1.自動仕訳ルールを表示する

MFクラウド会計の内部で設定されている「自動仕訳ルール」を確認します。

ちなみに「自動仕訳ルール」とは、過去に入力した仕訳をルールとして記憶する機能です。

メニューの「自動で仕訳」「連携サービスから入力」を選択します。

表示された画面の右上をみると、「自動仕訳ルール」という表示がありますので、ここをクリックします。

 

スポンサーリンク

 

「自動仕訳ルール」の画面では、これまでに入力した仕訳をもとに、たくさんのルールが蓄積されています。

これらのルールは、読み込む明細に適用されます。ルールに該当するものがあれば、自動的に勘定科目や摘要欄を提案します。

2.複合ルールの自動仕訳を追加する

今回は「複合ルール」の作り方を説明します。「複合ルール」を選択し、ルールを設定する金融機関と、口座を選択します。

画面右側にある「+仕訳ルール新規作成」を選択します。

仕訳ルールの新規作成画面が表示されます。ポイントに沿って説明します。

  1. 借入の返済はお金が出ていく処理のため、「出金に適用」を選択
  2. MFクラウド会計は、読み込んだ明細で内容を判断します。毎月確実に表示される明細で、他の内容と重複しないものを「部分一致」で指定します。ここでは「公庫」として設定しました。
  3. [貸方] 「普通預金」で出金する設定です。金額は「明細の金額」を指定します。
  4. [借方] 元金の返済設定です。元金の返済が毎月同額のため、元金の金額を入力します。
  5. [借方] 支払利息の設定です。利息は返済ごとに変動しますので、「指定なし」に設定します。これにより(出金額-元金返済額)が自動的に入力されます。

3.注意点

この複合ルールを作成したあとは、いままでに自動作成されている通常ルール・複合ルールを確認し、入出金明細の同じルールは削除しておきましょう。

似たようなルールがあると、うまく動作しない可能性が高いです。

なお、ここでお伝えした設定方法は、「元金が毎月同額」の返済の場合です。借入内容によっては、「元金+利息が毎月同額」の返済の場合があります。

この場合は、元金の返済が固定ではないため、元金の部分に金額を入れることができません。手間ですが、毎月の手入力が必要になります。

元金と利息が両方変動するため、毎月いちいち数字を確認するのが面倒であれば、事前に未実現の仕訳を一気に入力しておくのもひとつの方法でしょう。

まとめ

MFクラウド会計で、自動仕訳で複合仕訳を設定する方法をお伝えしました。

元金が毎月同額の返済であれば、自動的に、利息の数字も表示させることができますので、ぜひお試しください。