【MFクラウド】家計簿アプリ「マネーフォワード」のレシート撮影から仕訳を作成する方法

家計簿アプリ「マネーフォワード」を利用して、レシート撮影から仕訳を作成する方法を説明します。

説明のポイント

  • 家計簿アプリ「マネーフォワード」で、レシート撮影から仕訳を作成できる
  • 効率は悪い
  • 「MFクラウド経費」のオペレーター入力なら正確・確実(有料)
スポンサーリンク

 

家計簿アプリからでも仕訳を作成できる

前回の投稿で、家計簿アプリ「マネーフォワード」と、事業用の会計ソフト「MFクラウド確定申告」のデータはつながっていて、同じアカウントでログインできることを説明しました。

また、家計簿アプリ側で手入力したデータを、「MFクラウド確定申告」の仕訳データとして利用できることを説明しました。

家計簿アプリの「マネーフォワード」を使って、「MFクラウド確定申告」用の仕訳データを作成する方法を説...

レシートを撮影して仕訳データを作成する

今回は、その応用編です。手入力をすることなく、レシート撮影機能を利用して、仕訳を作成する方法を説明します。

結論からいえば、レシート撮影は効率がよくないので、事業用の目的ではおすすめしません。手入力をしたほうが早いと考えます。ここでの説明は、こういうこともできるという意味での説明にとどまる話です。

レシート撮影の口座を追加する

まず、家計簿アプリ「マネーフォワード」を起動します。アプリをインストールしていない場合は、ダウンロードしてログインします。

「MFクラウド確定申告」のアカウントIDとパスワードでログイン可能です。

家計簿アプリマネーフォワードのログイン

アプリを起動したら、画面の一番下のボタンから「口座」を押します。

家計簿アプリマネーフォワードのボタン

口座の設定画面が表示されたら、「口座を追加」→「財布(現金管理)」の順番で選択すると、新しい口座の追加ができます。

マネーフォワードアプリで口座追加

口座名は自由に設定できます。ここでは「レシート撮影」という口座名にしました。その下の「お手元の金額を設定」は入力不要です。設定が終わったら、画面下の「完了」ボタンを押します。

マネーフォワードアプリで口座追加2

レシートを撮影する

次に、入力用画面に移動します。

家計簿アプリマネーフォワードのボタン

口座が「レシート撮影」になっているのを確認したら、右上の「レシート」ボタンを押します。

マネーフォワードアプリでレシート撮影1

レシート撮影は、OCRでの読み取りです。レシートの形式によってはうまくいかないこともあります。

マネーフォワードアプリでレシート撮影2

レシートをうまく撮影するコツは、次のとおりです。

 

スポンサーリンク

 

・レシートに電話番号の記載があるか
・電話番号が写るように撮影しているか
・レシート全体が写っているか
・平らな場所で撮影しているか
・影が入っていないか
・フォーカス(ピント)があっているか

引用:家計簿アプリ「マネーフォワード」よくある質問・お問い合わせ

レシートの撮影が終わると、OCR(光学的文字認識)機能で読み取った結果が表示されます。読み取った数字や表示に問題がある場合は、自分で修正できます。

マネーフォワードアプリで撮影した結果

ここでの区分は「食料品」になっていますが、勘定科目には影響しません。

MFクラウド確定申告で仕訳を取り込もう

MFクラウドの画面に戻り、メニュー画面から「データ連携」を選択し、「連携データの選択」の表示に切り替えます。

MFクラウド確定申告データ連携

家計簿アプリで追加した「レシート撮影」の口座にチェックを入れて、保存します。

MFクラウド確定申告データ連携の手入力2

トップページに、「レシート撮影」のデータが表示されました。ここから仕訳を作成できます。

MFクラウド確定申告データ連携の手入力3

レシート撮影は、実務で使える機能か

ここまで説明したレシート撮影機能ですが、残念ながら事業用としてはおすすめしません。

試してみればわかりますが、OCRの読み取りには限界があり、うまくいかないことも多いです。その度にいちいち修正するのは、効率的といえないからです。

現状のOCRの読み取り制度では、家計簿としてはともかく、効率が問われる事業目的としては、推奨できる方法とはいえないでしょう。

これ以外のレシート撮影アプリはないのか?

マネーフォワードが以前に提供していた公式の領収書読み取りアプリは、2015年に提供を終了しています。

また、類似の家計簿アプリ「ReceReco(レシレコ)」が、レシート読み取り機能を備えており、MFクラウドとも連携していましたが、2017年3月に提供を終了しています。

このため、無料で利用できるレシート読み取りアプリは、現状ではこの家計簿アプリ「マネーフォワード」に限られます。

「オペレーター入力」なら有料だけど、正確・確実

OCRの読み取り処理ではなく、人の手で入力を代行してくれるサービスがあります。しかもマネーフォワードの公式サービスです。

自分でレシート撮影すると、その画像がサーバーにアップロードされ、オペレーターが入力代行してくれるというものです。

MFクラウド経費

引用: 経費精算システム「MFクラウド経費」FAQ

これは、MFクラウド会計・MFクラウド確定申告に連携する「MFクラウド経費」で活用できる機能です。

「MFクラウド経費」はその名のとおり、クラウドで経費精算ができるソフトです。本来的には従業員のいる会社で使うソフトですが、レシートの入力をオペレーターに任せたいという目的で利用することも可能です。

なお、「MFクラウド経費」の利用料とオペレーターの入力費用はともに有料です。

  • MFクラウド経費の利用料 個人利用向けで月額300円(税抜)
  • オペレーターによるレシート入力 1枚20円(税抜)

まとめ

MFクラウド確定申告で、レシート読み取りアプリを利用して、仕訳を作成する方法を説明しました。

しかし、OCRの性能には限度があります。大量のレシートを一気に入力したいという目的であれば、Excelからのインポートのほうが圧倒的に早いでしょう。

Excelのフォーマットを用いて、レシートの内容を一括してインポートする方法を以前に説明しています。こちらもご参照ください。

Excelのフォーマットを使い、現金払いのレシートをMFクラウドに一括して取り込む方法を説明...