e-Taxソフト(WEB版)のメッセージボックスなら、電子申告後の帳票をPDFで表示できる

etax-logo2

e-Taxソフト(WEB版)のメッセージボックスでは、申告した帳票データをそのまま表示できることに気づいたので、メモしておきます。

説明のポイント

  • e-Taxソフト(WEB版)のメッセージボックスは、動作が優秀
  • 電子申告後の帳票をPDF形式で表示できる。xtxデータ・XMLデータの組み込みは不要
スポンサーリンク

 

e-Taxとメッセージボックス

「e-Taxソフト」は、国税庁が提供する公式の電子申告用ソフトです。税務署に提出する届出書など、そのほとんどがこのソフトで作成できます。

国税庁が提供しているので無料で利用できますが、親切に書き方を教えてくれるような丁寧さはありません。初心者に向けたチュートリアルの方式でもないので、税務の知識のないひとがダウンロードしても難易度は高いです。

ソフトのレトロ感も、いまどき貴重な前世紀(Windows95・98)の雰囲気を醸し出しています。

e-Taxソフト

メッセージボックスの使いづらさとは

「e-Taxソフト」は国税庁の公式ソフトですが、かなり使い勝手の悪い点がありました。それは、申告や申請を行った後に、その送信した帳票データをメッセージボックスで表示できないという点です。

「メッセージボックス」とは、電子申告が終わった後に、その結果を確認・表示できるポストのような画面です。会計事務所の人ではなくても、自分で電子申告で確定申告書を提出した経験があれば、見たことがあるでしょう。

確定申告書等作成コーナーのメッセージボックス一覧

e-Taxソフトでは、送信した帳票をすぐに表示できない

先ほども述べたとおり、e-Taxソフトでは、電子申告で送信した帳票をすぐに表示することはできません。

どのようにするかというと、まずe-Taxソフトにログインし、ソフトの内部でメッセージボックスを確認します。

e-taxソフトのメッセージボックスのメニュー

そのメッセージボックスでxtx形式のデータを出力し、そのxtxデータをソフトに組み込むと、ようやく表示できるという、不思議な作業を求められます。ハッキリいって二度手間で、馬鹿らしさを感じます。

e-Taxのヘルプにも、データを表示・印刷するために、ダウンロードしたデータを組み込む方法が示されています。

参考受信通知からダウンロードしたデータ(拡張子は.xtx)をe-Taxソフトで表示・印刷するにはどうすればよいですか。(国税庁e-Tax)

e-Taxソフトには、送信した時点の帳票のデータも残っていますが、これは国税庁が受け付けたデータと確実に一致するとは限りません。送信後にも、その帳票を修正できてしまうからです。

 

スポンサーリンク

 

e-Taxソフト(WEB版)のメッセージボックスは、xtxデータの組み込みが不要!

このように、電子申告後の帳票を表示するためには、わざわざデータの出力・組み込みが必要という、「e-Taxソフト」のイケていない部分がありました。

ところが、兄弟版の「e-Taxソフト(WEB版)」のメッセージボックスは、動作が違っていました。

「e-Taxソフト(WEB版)」とは、インストール不要のe-Taxソフトです。便利なのですが、インストール型のe-Taxソフトに比べて、申請できる内容が限られており、まだまだ未発展のソフトです。

このe-Taxソフト(WEB版)では、メッセージボックスから、送信した帳票をPDF形式でそのまま表示できます。データの出力・組み込みは一切不要です。

e-taxソフトWEB版のメッセージボックス

e-taxソフトWEB版の帳票印刷

ごくたまに、文字の一部が脱落してPDFに出力される事例がありました。XMLデータは記載されているので、組み込みのPDF変換ソフトにバグがあるようです。ご注意ください。

他のメッセージボックスでは表示できないのか?

「e-Taxソフト」ではPDFで表示・出力できない帳票が、「e-Taxソフト(WEB版)」では表示・出力できます。利用するソフトによって、メッセージボックスの仕様・動作は微妙に異なっています。

下の画像のように、通常のe-Taxソフトでは、メッセージボックスの画面から帳票を表示することはできず、xtxデータの出力だけができます。

e-taxソフトのメッセージボックス

また、e-Taxのホームページから確認できるメッセージボックスでも、送信した帳票をPDFで表示することはできず、XMLデータのダウンロードだけができます。

国税庁HPのメッセージボックス

なんでこんな違いがあるのか、ちょっと不思議な印象を覚えます。

比較してみると、帳票の出力だけでなく、出力できるデータの形式も違っています。e-Taxソフトでは「xtx」ですが、WEB版では「XML」です。

まとめ

e-TaxソフトWEB版のメッセージボックスでは、申告後の帳票をPDFで表示できることをお伝えしました。

大手ソフトメーカーの総合的な税務ソフトを使っていれば関係のない話ですが、筆者はそこまでの必要性を感じていないので、申請等は国税庁のe-Taxソフトを利用しています。

兄弟版の「e-Taxソフト(WEB版)」にもログインしてみると、意外な発見があるかもしれません。

この記事が、スキルアップや課題解決のお役に立ちましたら幸いです。ブログに興味をもった方は、筆者のプロフィールもおすすめです。