e-Tax「納税用確認番号」は、どんなときに使うのか

e-Taxにおける「納税用確認番号」の意味について紹介する記事です。利用者識別番号と暗証番号の意味はわかっていても、「納税用確認番号」については、なんだかピンとこない方もいるかもしれません。この記事で利用方法を整理します。

説明のポイント

  • 「納税用確認番号」を活用する場面の整理
  • 通常使用するのは、中間申告分をインターネットバンキングのペイジーで納付する場合
スポンサーリンク

 

納税用確認番号はマイナーな存在

納税用確認番号は、e-Taxをオンラインで利用開始申請するときに登録する、6桁の暗証番号です。

e-Taxというと、利用者識別番号(ID)と、通常の暗証番号は、ひんぱんに使うので重要視されます。これに比べて「納税用確認番号」はマイナーな気がします。

「納税用確認番号」は、e-Taxのログイン時に入力することもありません。使用するのは、あくまで電子納税をする場合に限られています。

そこで、電子納税を熱く語る当ブログが、この「納税用確認番号」の意味や使用方法について整理しておきます。

「納税用確認番号」はどこで使う?

納税用確認番号を使用するケースを、パターン別に説明してみます。

基本的に、金融機関のインターネットバンキングを利用し、ペイジーを利用して支払うことが前提となります。

1.中間納付(予定納付)の納付書をペイジーで支払う

以前の記事で紹介しましたが、中間納付(予定納付)において税務署から送付される納付書には、ペイジーのコードが記載されています。

このペイジーのコードを用いて、金融機関のオンラインバンキングにログインして支払おうとすると、「確認番号」の入力で手が止まります。

納付書をよくみると、”「納税用確認番号」を入力してください。”と書いてあります。

中間納付においてペイジーで電子納税する場合、「納税用確認番号」が必要ということがわかります。

これはe-Taxを登録した担当者が管理しています。通常は会計事務所が管理しているでしょう。

2.ペイジーで納付する(登録方式)

e-Taxにて、源泉所得税の徴収高計算書の送信後は、納税の手続きも必要です。メッセージボックスの受信通知にある通知から電子納税の操作が可能です。

また、決算の申告後や、自分から依頼して「納付情報」が発行された場合も、その通知から納税の手続きを実行できます。

 

スポンサーリンク

 

納税の手続きについては、「インターネットバンキング」「ダイレクト納付」「クレジットカード納付」の選択肢があります。

インターネットバンキングを利用する場合、通常は、メッセージボックスの画面から直接遷移して、ペイジーでの納付手続きに移行することができます。

これを「情報リンク方式」といいます。

オンラインバンキングで納付

しかし、この情報リンク方式が利用できるのは、会社がe-Taxを利用している場合だけです。

「インターネットバンキング」のボタンを押しても、会計事務所では、金融機関のインターネットバンキングにログインすることはできません。(当然ですが)

このことから、会計事務所だけでe-TaxのIDを管理していると、会社はe-Taxのメッセージボックスにアクセスしないので、「情報リンク方式」を利用できません。

こうした状況の場合、ダイレクト納付の利用が推奨されているわけですが、別の方法として、ペイジーのコードを会社に伝達する方法もあります。

ペイジーのコードは、メッセージボックスの受信通知に表示されています。

  • 収納機関番号 →国税庁は「00200」
  • 「納付番号」 →利用者識別番号(e-Tax登録時に発行された番号)
  • 「確認番号」 →納税用確認番号(e-Tax登録時に申請者が決めた番号)
  • 「納付区分」 →納付区分番号(その受信通知の独自の番号)

状況を整理すると、次の条件である場合に、ペイジーのコードを用いて源泉所得税の電子納税が可能といえます。

  • e-TaxのID管理は、会計事務所だけで行っている(会社はメッセージボックスにログインしないので、情報リンク方式でインターネットバンキングへアクセスできない)
  • ダイレクト納付の申請はしていない
  • 会社はインターネットバンキングを利用できる

ダイレクト納付の申請をすれば、こんな手間は一切省けるわけですが、急ぎ電子納税に対応する場合の選択肢になるでしょう。

筆者の私見ですが、原因不明でまれにうまく行かないケースがあったりして、個人的には微妙な感じです。

3.ペイジーで納付する(入力方式)

ペイジーでの納付は、登録方式が一般的ですが、これ以外に「入力方式」も利用できます。

入力方式とは、自分でペイジーのコードを組み立てて、税務署に直接納付する方法です。

上記2.の登録方式が、いったん税務署に納付情報を登録したうえで納付するのに比べ、入力方式は、その登録をすっとばして、直接納付します。

この登録方式が対応する税目は、「申告所得税」「法人税」「消費税」に限られます。

昔のe-Taxは申告後におけるペイジーのコード表示が親切ではなく、この入力方式により、自分でコードを組み立てて納付したこともあったように記憶しています。

いまは登録方式を利用する方法が親切な流れになっているので、めったに用いることはないでしょう。

どうしてもこれでやってみる場合、コードの組み立て方は、e-Taxホームページの詳細にて確認できます。(参照入力方式による納税手続

まとめ

e-Taxで初期登録する場合に、あわせて登録していた「納税用確認番号」について、その使い道を整理しました。

通常は、中間申告分のペイジーでの納付で、会社が利用する場面が多いでしょう。

「登録方式」については、会社側でe-Taxを利用せず、ダイレクト納付を申請していない場合に、会計事務所からペイジーのコードを伝達することで利用できます。

これは会計事務所の担当者向けのアドバイスになりますが、インターネット専業銀行しか口座がない会社でも、ペイジーのコードを伝達することで、会社側で電子納税は可能です。ただし、楽天、ジャパンネットのようにペイジー対応のネット銀行に限ります。

e-TaxのIDを会計事務所だけで管理している場合に使える、ワンポイント知識でしょう。