「ローカルベンチマーク」で経営診断!経済産業省が提供する診断ツール

ローカルベンチマークのロゴ

2016年3月4日、経済産業省は「ローカルベンチマーク」を策定しました。「企業の健康診断ツール」として、経営指標の分析が簡単にできます。

説明のポイント

  • 経済産業省が策定した無料の診断ツール
  • 簡単なExcelで誰でも診断できる
  • 診断をもとに、企業をどうよくしていくかを考えることがポイント
スポンサーリンク

 

 ローカルベンチマークとは

「ローカルベンチマーク」とは、財務情報と非財務情報のデータをもとに、企業の経営状態を把握するためのツールです。

ローカルベンチマークは、企業の経営状態の把握、いわゆる「健康診断」を行うツール(道具)として、企業の経営者等や金融機関・支援機関等が、企業の状態を把握し、双方が同じ目線で対話を行うための基本的な枠組みであり、事業性評価の「入口」として活用されることが期待されるものです。

具体的には、「参考ツール」を活用して、「財務情報」(6つの指標※1)と「非財務情報」(4つの視点※2)に関する各データを入力することにより、企業の経営状態を把握することで経営状態の変化に早めに気付き、早期の対話や支援につなげていくものです。

ローカルベンチマーク(通称:ロカベン)(METI/経済産業省)より)

通称は「ロカベン」だそうです。……わざわざ言うのもヤボですが、ツッコミを待っていますよね?

ツールは以下のサイトからダウンロードできます。

サイトローカルベンチマーク(通称:ロカベン)(経済産業省)

こんな感じのツールです

以下の画像は「2016年版」の分析画面です。現在は「2017年版」がリリースされており、一部に改良が加えられています。

財務分析

このツールはExcelで作られており、難しく感じることは少ないでしょう。

トップページは、財務分析の診断結果が表示されます。財務の指標が6項目のチャートで表示されるため、視覚的に見やすいです。同業と比較した数値から点数が与えられて、総合評価点も表示されます。

ローカルベンチマークの財務分析診断結果

診断結果を得るためには、別のシートで数字を入力します。

黄色のセルに数値を入力すると、スコアなどの結果が表示されます。入力項目は少なく、診断を得るまでのストレスも感じません。

財務指標の比較対象となる数値は、小規模事業者を除いた非上場企業です。数値は、帝国データバンクが提供しています。

 

スポンサーリンク

 

ローカルベンチマークの入力シート

非財務ヒヤリング

非財務のヒヤリングシートは、「経営者」「関係者」「事業」「内部管理体制」の4項目に着目して分析します。

この部分は、数字による診断ではなく、自分でシートに記入することで状態を把握していくしくみです。

ヒヤリングシート(1)では、「経営者への着目」「事業への着目」「関係者への着目・企業を取り巻く環境」「内部管理体制への着目」の4項目を分析します。

ローカルベンチマークの非財務ヒアリングシート1

ヒヤリングシート(2)では、「製品製造、サービス提供における業務フローと差別化ポイント」「商流把握」を分析します。

ローカルベンチマークの非財務ヒアリングシート2

実際に使ってみるには?

ローカルベンチマークは、下記の経済産業省のサイトから、無料でダウンロードできます。

サイトローカルベンチマーク(通称:ロカベン)(経済産業省)

「ローカルベンチマークツール」というExcelファイルをダウンロードします。短めの簡単なマニュアルも、その下にあります。使用前に読んでおくといいでしょう。

経済産業省のローカルベンチマークweb画面

参考情報として、実験的にツールを使用した結果も公表されています。

参考地域企業 評価手法・評価指標検討会(第7回)‐配布資料(METI/経済産業省)

「資料3(別紙2)」に記入例が載っています。「資料4」では、横浜銀行の行員による感想が読めますが、おおむね高評価のようです。

追記

2016年7月に施行される中小企業等経営強化法に関する説明資料として「【PDF】ローカルベンチマークについて」が公開されています。

どのようなツールかを把握できる、まとまった資料になっています。

参考:類似の分析ツールもある

ローカルベンチマークの他にも、経営診断ツールとして「経営自己診断システム」もよく知られています。

独立行政法人中小企業基盤整備機構が提供するツールであり、無料で提供されています。こちらのツールは、ローカルベンチマークよりも、もっと詳しい指標の分析が見られます。

参考[経営自己診断システム](中小機構)

まとめ

経済産業省が策定したシンプルな分析ツール「ローカルベンチマーク」を紹介しました。

ツールは検討のための「たたき台」であり、その分析結果をどう活用するのかが重要です。経営の指標も、一時的な状況を切り取ったものであって、不変ではありません。

このツールは、企業を支援する組織(金融機関、支援機関、会計事務所)の利用を想定して作られたとのことですが、難しさは感じない、シンプルなつくりです。このツールをたたき台にして、会社の問題点の解決方法を考えましょう。

財務諸表や企業の状況を可視化できる無料のツールとして、このローカルベンチマークは役立ちます。