「個人事業に複式簿記は、ぜったいに必要か?」という質問への答え

複式簿記はよくわからないけど、それでも帳簿をつけるにはどうしたらいいのですか? という不安への答えを書いておきます。

説明のポイント

  • 複式簿記がわからなければ、かんたんな「単式簿記」でいい
  • あとは、55万円分の控除をあきらめる覚悟があるかどうか
スポンサーリンク

 

複式簿記が意味不明すぎてハードル高い、の悩み

簿記の世界では、「複式簿記」がスタンダードです。このため、世の中に出回っている会計ソフトも、そのほとんどが複式簿記を前提としたものになっています。

しかし、実際のところ、簿記というのはパッと見て「意味不明」な感じがあるでしょう。

左右に科目が分かれていて、それが交互に表示されてくるルールを見ても、理解しづらいことは確かです。

1/10 (仕入高)50,000 (買掛金)50,000
1/31 (買掛金)50,000 (普通預金)50,000

ちなみに筆者は税理士ですが、「複式簿記を理解しろ!」とゴリ押しすることは、一切ありません。

もしこの記事を読んでいるビジネス初心者の方が、複式簿記になじめなければ、もっと簡単な「単式簿記」(簡易簿記ともいう)でもいいのですよ、とお伝えしておきます。

なんでみんな、複式簿記をおすすめしてくるの?(泣)

なんでみんな、複式簿記をおすすめするのでしょうか?

先ほど説明したとおり、複式簿記は、簿記のスタンダードなかたちであることが、最重要なポイントとしてあります。

ソフト会社の都合

また、多数の科目が左右に入り乱れることから、複式簿記では、会計ソフトの利用が必須といえます。

会計ソフトの会社は、自社のソフトを使ってほしいので、複式簿記を全面に押し出しています。複雑な処理を、こなしやすくするのが会計ソフトの役割だからです。

そんな状態なので、もうひとつの単純な「単式簿記」という選択肢は、まるで最初から存在しない扱いになっている印象です。

税としての有利・不利

単式簿記は、税として不利な面があることも認識が必要です。

所得税の青色申告では、複式簿記で帳簿をつければ、65万円の所得控除をうけることができます。これが複式簿記ではない場合は、「10万円(または0円)」になります。

こうした面から、みんなが「複式簿記を使いなさい! ホラホラ、税も安くなるよ」と、おすすめしてくるわけです。

「65万円の所得控除」とは、簡単にいえば、複式簿記で帳簿をつけたことの追加ボーナスです。65万円の経費がさらに上乗せされた形で、売上から経費を差し引いて、税金を計算することができます。

 

スポンサーリンク

 

複式簿記がわからないなら、無理することはない

単式簿記(簡易簿記)は、「お小遣い帳」のようなものです。科目ごとに帳簿をつけて合計を出せば、それでゴールです。

白色申告の簡易な帳簿

引用:帳簿の記帳のしかた(事業所得者用)(国税庁)

あとは、損益計算書(収支内訳書)に記入するだけ。複式簿記のような複雑さは一切ありません。

収支内訳書

別に65万円の所得控除だって、気にしなければいいのです。単式簿記でも、青色申告の10万円控除は適用できます。

もし65万円の控除をあきらめたら、負担はどれぐらい増えるのでしょうか?

仮に税率を「所得税10%・住民税10%・健康保険料10%」とすれば、約16万円程度の負担が増えることになります。((65万ー10万)×30%)

16万円をあきらめることで、やるべきことを単純にできるなら「それでもいいや」という考え方も、じゅうぶんに成り立ちます。

海外で人気の会計ソフトは、単式簿記のものもある

みんな複式簿記っぽいのに、自分だけ単式簿記でいいんだろうか……という考えをお持ちの方向けに、海外の事例もお伝えしておきます。

海外で人気のある会計ソフトのひとつに、「FreshBooks」というソフトがあります。

freshbooks05

このブログでも以前に、簡単な内容を紹介しています。

海外のクラウド会計ってどうなっているのか、という興味本位のレポートです。今回は「FreshBooks...

このソフトを利用してみるとわかりますが、帳簿のしくみは単式簿記になっています。

請求書を発行し、経費を入力することで、収支計算書を作成することができます。これは、単式簿記の処理で、日本における「青色申告の10万円控除」に該当するものです。

残念なことですが、日本ではなぜか、こうした敷居の低いクラウド型の会計ソフトが見当たりません……。複式簿記が会計ソフトの前提になっているためでしょう。

しかし、このFreshBooksを見ても分かるとおり、別に単式簿記(10万円控除)でビジネスをしていても、おかしいことは、何ひとつないわけです。

まとめ

自分で個人事業を始めた場合の、第一歩である帳簿について、「複式簿記は必須なのか?」という点を説明しました。

まとめるならば、

複式簿記が苦手なら、別に無理する必要ないんじゃね? 単式簿記でもいいよ!

ということになるでしょう。

会計業界(ソフト会社や会計事務所)も、最初から、複式簿記だけが選択肢のような対応で、新規のお客さんに営業をかけているフシがあります。

しかし、ビジネスにおいては、自分の帳簿は自分で理解できるものであることが重要です。

単式簿記が自分にとって理解しやすい帳簿であるならば、別に複式簿記を選ばなくても、それでいいのです。

念のために述べておくと、法人の場合は複式簿記が必須になります。将来の法人化を考えている場合は、複式簿記への理解もある程度深める必要があるでしょう。