文化庁調査から知る、恥をかかないための間違いやすい慣用句リスト(前編)

文化庁が毎年実施している「国語に関する世論調査」。その調査では、本来の意味とは異なって使われている可能性のある日本語が調査されています。

その調査の対象となった慣用句について、一覧表としてまとめました。自分用に作っていたものですが、せっかくなのでシェアしておきます。

スポンサーリンク

 

調査対象となった慣用句のリスト(前編)

これらの内容は、慣用句について「どちらの意味が正しいと思うか」を質問して、調査された結果を示したものです。

その結果をリスト化して、左側を「本来の意味」右側を「本来の意味とは異なる回答」という形式でまとめています。

リストに「○」があるものは、「本来の意味とは異なる使われ方」の回答率が高かったものです。

 

スポンサーリンク

 
調査年度慣用句本来の意味本来の意味とは異なる異なる意味を選択した割合が高い
H28さわり話などの要点のこと話などの最初の部分のこと
ぞっとしない面白くない恐ろしくない
知恵熱乳幼児期に突然起こることのある発熱深く考えたり頭を使ったりした後の発熱
H27奇特優れて他と違って感心なこと奇妙で珍しいこと
確信犯政治的・宗教的等の信念に基づいて正しいと信じてなされる行為・犯罪又はその行為を行う人悪いことであると分かっていながらなされる行為・犯罪又はその行為を行う人
琴線に触れる感動や共鳴を与えること怒りを買ってしまうこと
名前負け名前が立派で,中身が追い付かないこと名前を聞いただけで気後れしてしまうこと
H26おもむろにゆっくりと不意に
枯れ木も山のにぎわいつまらないものでも無いよりはまし人が集まればにぎやかになる
小春日和初冬の頃の,穏やかで暖かな天気春先の頃の,穏やかで暖かな天気
天に唾(つば)する人に害を与えようとして,結局自分に返ってくるような行為をすること自分より上位に立つような存在を,冒し汚すような行為をすること
H25他山の石他人の誤った言行も自分の行いの参考となる他人の良い言行は自分の行いの手本となる
世間ずれ世間を渡ってずる賢くなっている世の中の考えから外れている
煮詰まる(議論や意見が十分に出尽くして)結論が出る状態になること(議論が行き詰まってしまって)結論が出せない状態になること
天地無用上下を逆にしてはいけない上下を気にしないでよい
やぶさかでない喜んでする仕方なくする
まんじりともせず眠らないでじっと動かないで
H24役不足本人の力量に対して役目が軽すぎること本人の力量に対して役目が重すぎること
流れに棹さす傾向に乗って,ある事柄の勢いを増すような行為をする傾向に逆らって,ある事柄の勢いを失わせるような行為をする
気が置けない相手に対して気配りや遠慮をしなくてよい相手に対して気配りや遠慮をしなくてはならない
潮時ちょうどいい時期ものごとの終わり
噴飯ものおかしくてたまらないこと腹立たしくて仕方ないこと
H23煮え湯を飲まされる信頼していた者から裏切られる敵からひどい目に遭わされる
うがった見方をする物事の本質を捉えた見方をする疑って掛かるような見方をする
にやけるなよなよとしている薄笑いを浮かべている
失笑するこらえ切れず吹き出して笑う笑いも出ないくらいあきれる
割愛する惜しいと思うものを手放す不必要なものを切り捨てる
H22情けは人のためならず人に情けを掛けておくと,巡り巡って結局は自分のためになる人に情けを掛けて助けてやることは,結局はその人のためにならない
雨模様雨が降りそうな様子小雨が降ったりやんだりしている様子
姑息一時しのぎひきょうな
すべからく当然,是非とも全て,皆
号泣する大声を上げて泣く激しく泣く
H20手をこまねく何もせずに傍観している準備して待ち構える
時を分かたずいつもすぐに
破天荒だれも成し得なかったことをすること豪快で大胆な様子
御の字大いに有り難い一応,納得できる
敷居が高い相手に不義理などをしてしまい,行きにくい高級過ぎたり,上品過ぎたりして,入りにくい
H19憮然(ぶぜん)失望してぼんやりとしている様子腹を立てている様子
檄(げき)を飛ばす自分の主張や考えを,広く人々に知らせて同意を求めること元気のない者に刺激を与えて活気付けること
琴線に触れる感動や共鳴を与えること怒りを買ってしまうこと
H18やおらゆっくりと急に,いきなり
H12一姫二太郎一人目の子供は女,二人目の子供は男であるのが理想的だ子供は女一人,男二人であるのが理想的だ
かわいい子には旅をさせよ子供は手元で甘やかさず,世間に出して苦労をさせた方がよい子供が旅することを望めば,希望どおりにさせてやるのがよい
複数回調査されているものは、重複を避けるため、新しい年度として掲載しています。

まとめ

以上の出典は、文化庁「国語に関する世論調査」です。

ネットでも、これらの調査を抜粋した紹介記事はすでに見られましたが、全ての質問をリスト化しているものが見当たらなかったので、自分で作成しました。(たぶん、間違いはないはず)

ここで紹介した用語は、自分が正しい意味で使っていても、読み手には間違った印象を与えてしまう可能性を含んでいます。ブロガーさんは要注意ですね。

とくに、リストに「○」がついた慣用句は、文中では使わないほうがよいのでしょう。

後編は、こちらでご覧になれます。

文化庁が毎年実施している「国語に関する世論調査」。その調査では、本来の意味とは異なって使われている可...