020番号のD-FAXなら、受信専用のFAX番号が月額無料!

dfax-logo

「D-FAX」というインターネットFAXのサービスを利用して、最も安くFAX番号を保有する方法をお伝えします。

説明のポイント

  • 月額0円で、受信専用のFAX番号を保有できる
  • インターネットFAXのため、受信内容がメールに転送される
  • ポケベル回線の「020番号」を利用するため、送信者側にコストがかかる
スポンサーリンク

 

究極に安くFAX番号を所有できないか?

当ブログでは以前、フレッツ光の「ひかり電話」のオプションサービスを使って、ペーパーレス仕様のFAX専用番号を月額200円で利用する方法をお伝えしました。

ペーパーレスで新しいFAX番号を所有する方法を紹介します。NTTのひかり電話を利用している場...

しかし、めったに使わないFAX番号に、年間で2,400円も払うのは、ちょっと微妙……というコストに厳しい人もいるでしょう。そんな方に、もっと格安でFAX専用番号を取得・維持する方法をご紹介します。

D-FAXと運営会社の紹介

ご紹介するのは、「D-FAX」というインターネットサービスです。失礼ながら、知名度はあまり高くないと思われますが、そのサービスが始まったのは2000年からとされています(wikipedia)。

D-FAXは、インターネットFAXサービスのひとつであり、受信専用のFAX番号を利用します。このため、FAXの送信は一切できません。

なお、ネットで検索すると、他のネットFAXである「eFAX」がやたらヒットしますが、そっちではありません。「D-FAX」です。

運営会社は東京テレメッセージ

このD-FAXを運営するのは、東京テレメッセージ株式会社という会社です。

社名を聞いただけでも、40代以上の方には懐かしさ爆発の予感です。念のため、鈴木杏樹さんのCMも貼っておきますね。ピチカート・ファイブの曲にもしびれます。

Wikipediaによれば、旧「東京テレメッセージ」は1999年に経営破綻。その後、ジャスダック上場企業のYOZAN(鷹山)がポケットベル事業を引き継いだものの、そのYOZANものちに経営破綻。YOZANからポケベル事業が切り離されて、いまは新しい会社の「東京テレメッセージ」として運営されています。

ちなみに、いまはポケベルではなく、「マジックメール」というサービス名称になっています。まったくなじみませんが……。

D-FAXはポケベル用の020番号を利用したサービス

で、なんでポケベルの話をしているのかといえば、このD-FAXは、ポケベル用の回線を利用してFAX受信サービスを運営しているからです。

下の図のとおり、送信者側からFAXが送信されると、サーバーを介して、受信者のメール宛にFAXが届きます。

D-FAXのしくみ

なお、D-FAXから利用者に交付されるFAX番号は、「020-4xxx-xxxx」という、あまり聞いたことのないポケベル回線の電話番号です。

恥ずかしながら、筆者はこのサービスで初めて020番号の存在を知りました。

020のFAX番号を伝えれば、相手の度肝を抜くことは確実です。とはいえ、FAXをめったに使わない人にとっては、番号が何であろうと、関係のない話でしょう。

ちなみに020番号は、2017年10月から、機器間通信の番号としても用いられる予定です。参考020番号がM2M専用として創設、3キャリアが10月から提供へ(ケータイWatch、2017年1月)

D-FAXのメリット・デメリット

D-FAXのメリットは次のとおりです。

  • 月額利用料は無料
  • ユニバーサルサービス料(通常1回線ごとに2円~3円)も無料
  • 受信したFAXデータが指定の電子メールに転送されるので、ペーパーレスで受信できる
  • FAX受信用の機器や、回線工事は不要

以上のように、月額利用料は無料です。めったにFAXを使わない人にとっては、コストを安く済ませられるメリットがあります。

これに比べて、他のインターネットFAXのサービスは、多数のFAXの送受信を想定しているため、月額料金がかかるものがほとんどです。

料金はいくらかかるのか?

格安でFAX番号を維持できるD-FAXですが、利用にあたっては完全無料というわけではありません。

 

スポンサーリンク

 
  • 利用開始時の1回だけ2,500円(税抜)がかかる
  • 3ヶ月間利用していない場合は、回線が利用停止になる。これを防ぐためにはオプション料金が年間1,000円(税抜)かかる
  • FAXを送信する側が、送信料金を負担する

月額料金がかからない代わりに、イニシャルコストとして2,500円かかるのはやむを得ないでしょう。

また、FAXはほとんど利用しないが、念のために番号を持っておきたい場合は、「未利用解約防止機能」という年間1,000円のオプションが必要です。これは、3ヶ月間FAXを一切利用しないと、FAX番号の利用が停止されるため、それを防ぐための措置です。

気になるのは、ポケベル回線を利用した特殊性のため、FAX送信に対する特殊な料金が発生する点です。その料金は「送信者」が負担します。送信料金は次のとおりです。

  • 1回あたり40円
  • これに加えて、呼び出し料金として30秒毎に10円(1都3県は40秒毎に10円)

つまり、50円~60円の送信料金を、送信側に負担してもらう必要があります。

利用上の注意点

料金面以外にも、利用上の注意点があります。

  • 受信専用サービス
  • ネットFAXやコンビニFAXから送信されても、受信できない
  • 受信するデータはTIFF形式
  • 020番号なので知名度が低い

記事の冒頭でも述べましたが、このサービスはFAX受信専用です。送信はできません。

また、ポケベル回線(020番号)の特殊性と思われますが、他のインターネットFAXや、コンビニからのFAXは、受信できません。ここが最大の難点でしょう。

FAXを受信したときに送られてくるデータは、TIFFという、FAX専用形式のデータです。Windowsでは標準のソフトで閲覧できます。D-FAXの有料オプションで、PDFに変換することもできます。

なお、020番号は知名度が低いと思われるため、送信間違いが発生しないよう、相手に念を押す必要があると考えます。

D-FAXを利用するには

D-FAXの申込みは、次のサイトから可能です。

サイトD-FAX

利用登録すると、すぐに利用できるFAX番号が付与されます。登録後から1週間は、その番号を無料で試用できます。

D-FAXの公式サイトによれば、一定のフリーメールアドレスで登録すると、試用期間が与えられない可能性があるとのことです。

試用して便利だと感じたら、クレジットカード決済などで本登録が可能です。本登録が済んで、2週間ほどたつと、下の画像のようなポケベルが送られてきます。ポケベルなので、つまようじサイズです。

D-FAXのポケベル

このポケベルを使えば、FAXが届いたことを通知してくれます。

しかし、スマートフォンでメールをチェックできる今では、利用価値はほとんどないでしょう。このポケベルが利用できるのは、1都3県の首都圏に限られます。(引用:D-FAX着信通知

DFAX着信通知が利用できるエリア

使用感はどうか

実際に取得した020番号あてに、自分でFAXを送信してみましたが、問題なく届きました。(送信側はJCOMのIP電話)

同様に、あるインターネットFAXサービスからも送信しましたが、この場合は受信できませんでした。ネットFAXは受信の対象外とされていますので、当然の結果でしょう。

受信したTIFFデータについて、スマートフォン(iOS)のGmailアプリで確認してみました。TIFFデータの画像は表示できるのですが、縦横の伸縮が変な感じでした。これは、Gmailアプリ側の問題のように思われます。

D-FAXをgmailで表示した画面

▲テストケースとして、自治体の会報(A4)を1ページ送信してみました。文字の縦横比率が微妙におかしいことがわかります。

この対策として、GoogleDriveにTIFFファイルを保存すれば、きちんとした表示で見られました。

Windows10のブラウザからGmailで確認した場合では、TIFFデータは問題なく表示できました。

ネット上に見られるD-FAXへの批判について

「ネットFAX比較サイト」と称するいくつかのページを見ていると、D-FAXに対して批判的な論調が目につきました。

しかし、それらをよく見てみると、最終的に別のインターネットFAXに誘導するためのアフィリエイト記事が多いようでした。

まとめ

自分のコスト負担が最小限で抑えられる、受信専用のインターネットFAXサービス「D-FAX」をご紹介しました。

筆者の場合だと、基本的に文章はPDFで、電子メールに添付してもらいます。しかし、相手の都合でメールを利用できない場合に限り、FAX番号をお伝えしています。

筆者のようにFAXはめったに利用しないが、万が一の場合に備えて低コストでFAX番号を保有したい方には、おすすめできるサービスといえそうです。

なお、月額基本料が無料のFAX送信専用サービスと組み合わせれば、送受信ともに月額基本料0円が実現できるでしょう。下記の記事もご参考にどうぞ。

月額料金が無料のFAX送信サービス「秒速FAX送信」がリリースされました。試してみたら便利で...

スポンサーリンク