平成30年の補助金情報(その2)

前回お伝えした経済産業省関係の補助金について、新情報がわかりましたので、内容を整理します。

スポンサーリンク

 

平成29年度経済産業省関連補正予算案等の概要

新しく情報が出ていたのは、「平成29年度補正予算案の概要(PR資料)」というものです。

参考平成29年度補正予算案の概要(PR資料)

この資料から、平成30年に見込まれる補助金の情報を抜粋します。

なお、補助金の名称が資料中で見当たらない場合は、とりあえず仮称として、ここで名付けています。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者が、商工会・商工会議所からの指導を受けて、経営計画を作成し、販路開拓に取り組む費用の支援など。

  • 事業の予算規模:120億円
  • 補助率:2/3
  • 補助上限額:50万円、(賃上げ等)100万円、(事業承継等)500万円

IT導入補助金

バックオフィス業務等の効率化や新たな客獲得等の付加価値向上(売上向上)に資するIT導入支援。

 

スポンサーリンク

 
  • 事業の予算規模:500億円
  • 補助率:1/2
  • 補助上限額:15万円~50万円

前年度の補助金(補助上限額100万円、補助率2/3)に比べると、補助上限額や補助率ともに縮小されています。

事業承継補助金

事業承継・世代交代を契機として、経営革新や、事業転換に挑戦する中小企業に対し、設備投資・販路拡大・既存事業の廃業等に対する必要な経費を支援。また、事業再編・事業統合の促進に関する必要経費の支援。

  • 事業の予算規模:50億円
  • 補助率:2/3 or 1/2

ものづくり・商業・サービス経営力向上補助金

企業間でデータ等を共有し、連携体で新たな付加価値向上を図るプロジェクトの支援、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等の支援(小規模な場合は、設備投資等が不要な試作開発も支援)

  • 事業の予算規模:1,000億円
  • 補助率:2/3 or 1/2
  • 補助上限額:500万円~1,000万円

認定支援機関による経営改善計画策定支援

経営改善計画の策定・計画について、認定支援機関からの支援に要する費用の一部負担。

  • 事業の予算規模:30億円
  • 補助率:2/3
  • 補助上限額:(経営改善計画)200万円、(早期経営改善計画)20万円

まとめ

資料のうち、補助金が支給されると考えられる事業は、以上のとおりです。

新しい情報がわかりましたら、このブログで随時お知らせします。